スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白山 -高山植物のお花畑・その4-
 長らく憧れていた、花の盛りの白山。
 8月初旬の室堂周辺は、夢に見ていたとおりのクロユリのお花畑。
白山のクロユリ



 ハクサンコザクラ。
 このお花にもやっと出会えた。
ハクサンコザクラ(室堂周辺)
 群生する様子を眺めているだけで、何だか自然と顔がほころんでくる。

›› 続きを読む
福井市内から眺める白山。
 あられ混じりの嵐のように荒れた天気が続いた後の、久しぶりの晴れ間。
 真っ白に雪化粧した白山がくっきり。

 福井市内からこんなにきれいに見えること、1年に何回あるだろうか。
丈競山(たけくらべやま)に登る。 -福井の山に登る・2-
丈競山(福井県坂井市) かわいらしく、なかよく並んだ2つのお山。
 2つ合わせて、丈競山(たけくらべやま)。

 されど、片方は964m、もう片方は1,045m。見目麗しく均整の取れた稜線は、そのまま長距離の急斜面となって登山者の挑戦を待ち構える。
 両方のてっぺんまで登りつめるのにハイキング程度の体力を想像すると軽く裏切られる。チャレンジしがいのある山。人生、甘くないぜ。

 均整の取れたシルエットで、同じように2つ並んでいる様が何とも印象的。
 左側が北丈競山(964m)、右側が南丈競山(1,045m)。
 左の写真は、冬の坂井市丸岡町のピアゴ駐車場付近から見る姿。
 近くの竹田地区に入ると、さらに端正な姿に(右の写真)。
 左手前の北丈競山が、右奥の南丈競山より高く見える。

 この山は、離れて見るのも面白い。坂井市や福井市内を車で走っていてふと東のほうに目をやると、大抵は北丈競山、南丈競山と浄法寺山が一つの大きな山塊となって視界に入ってくる。
 九頭竜橋(福井市、坂井市境界)の河川敷からの眺め。

 冬場に見ると、峨峨たる山脈のような感じさえするときも。
 坂井市春江町のユース(旧Vマート)付近から。
 左の山塊は小倉谷山(火燈山)、中央やや右が丈競山、なだらかに続く右の山が浄法寺山。


 足羽山から眺める白山と周辺の山々。
 丈競山、浄法寺山、鷲ヶ岳(左)、白山・別山・三ノ峰(中央:白色)、城山(波多野城址)、吉野ヶ岳など(中央から右側にかけて)。
 吉野ヶ岳と重なって、大佛寺山のシルエットもちょこっと見えている。

 というわけで、登ってきましたよ。
 4月29日、この日は丈競山の山開きの日。龍ヶ鼻ダム(坂井市丸岡町)の登山口では、神主さんが神事を行っていた。
 神事の後、8時30分に登山開始。登山客もいっぱい。60~70人位はいたかな?

›› 続きを読む
白山高山植物園・花の白峰オープンガーデン ~ニッコウキスゲに車で会いに行ける、石川‐福井県境の研究施設の一般公開。
 今年初めて行ってみたけれど、想像以上に良かったよ!
白山高山植物園(石川県白山市白峰)
 広い敷地一面に黄色い花を咲かせるニッコウキスゲ。
 ピンクがかった紫が鮮やかなハクサンフウロ。
 お花の咲き方も割と自然な感じで、本当に高山のお花畑にいるんじゃないか、と勘違いしそうな位。

 高山植物が織り成すこういう風景は、1,500m、2,000mといった山を一生懸命登った後の大自然のごほうび。こんなに手軽に楽しんじゃっていいのかしら…

 駐車場から高山植物園までは、10分から15分位ではあるが、階段の続く山道を登ることになる。運動靴などそれなり足回りの準備は必要。
 とはいえ、写真からも分かるように公園のように整備された道。この程度の労力でニッコウキスゲの群落が楽しめてしまうというのは素敵というか何というか。
 そもそも、ここは「西山高山植物順化試験地」という、山の斜面に設けられた研究施設。2008年から、花の盛りの6月・7月の週末のみ一般客への公開が始まった、比較的新しいスポット。つまり、まだまだ結構穴場なのだ。

 石川県(白峰)の施設だけれど、県境すぐのところなので、福井方面からも、勝山市の市街地から30分足らずで行ける場所だったりする。にも関わらず、福井県のほうにはほとんどアナウンスされていない?福井ではまだ知らない人が多いんじゃないかしら。

 気軽に行ける割に、高山に登った気分は満点。山に登った気になる。いいですよ、ここは。
 入場料も無料。(時には大事なこともある。)

 子連れのお客も複数見かけた。確かに、「子どもと一緒に山に登りたいけれど、まだ子どもがちっちゃいから…」と諦めている人には最適なんじゃないかと。
 ただし、山の真っただ中の植物園。虫除けスプレー等の虫対策は忘れずに。(受付でも虫除けスプレーは準備されていたけれど。)

 オープンガーデンは始まったばかり。花の盛りはもう1~2週間後見たい。今日はまだ咲いてなかったけれど、ニッコウキスゲに加えてシモツケソウもこれから咲いてくるみたい。しばらくしたらもう1回行こうかしら。

オープンガーデンの日程などはこちら(白山高山植物研究会「お知らせ」)
 ※公開期間は7月上旬まで(期間短し)。2012年は土・日に加え、月曜・金曜も一部見られるようになったみたい。

›› 続きを読む
足羽山から眺める白山。
 福井市の市街地の真っただ中。
 ここは、足羽山の福井市自然史博物館の屋上。

 遮るものなく、すがすがしいパノラマで白山を楽しめる穴場。結構有名?


 写真は4月中旬、桜の季節に撮ったもの。
 黒々とした山々の中、写真中央の白山だけは真っ白な姿でそびえ立つ。
 その神秘的な存在感。

京都・大文字山に登る。
大文字山 登山(2011.9) 森見登美彦の本で見た「みんなで大文字山に登って風船をとばそう」というくだり。ああ、大文字のあの山って誰でも自由に登れるんだ、と。

 早速、登ってきましたよ。送り火が焚かれている「大文字」の部分にもちゃんと入れますよ。

 標高466m。福井で言えば文殊山のような、ちょっとした山登りに手頃な山。


›› 続きを読む

≪ PREV | BLOG TOP | NEXT ≫


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。