スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひょうたんカボチャ。
 面白い形でしょー?

 休日のエルパの入口で大野産の野菜の即売をやってて、そこで発見。

 「ひょうたんなんきん」というそうな。そのまんまの名前だな…。250円。
 ※正確には「バターナッツ」という品種のカボチャと判明(この記事のコメント欄参照)。

 家に買って帰って、早速煮てもらった。

 イロモノっぽい見た目にもかかわらず(?)
 エレガントな口当たりの美味なカボチャ。
 きめが細かく、なめらかな口当たり。

 この口当たりは京野菜の"鹿ケ谷南瓜"と同じ系統の味わい。西洋かぼちゃでなく、日本かぼちゃの系統なのではないのかな。多分。
吉川ナス ~福井の伝統野菜。
吉川ナス(福井の伝統野菜) 昨年は管理人なりに色々探したけれど、結局は調理済のものに一度お目にかかったきりだった、吉川ナス。

 今年は、ついに店頭で販売されているのを確認!
 福井市新保、ワイプラザ近くの「ファームビレッジさんさん」にて。

 ヘタの棘も痛いくらいにツンツン。新鮮って感じ。
 早速買って帰ってきましたよ♪


 手にとってまじまじと見る吉川ナス。見た目も、持った感触も京都の賀茂なすとよく似ている。

 去年食べた吉川ナスの煮物に入ってた茄子はちょっと小さめかなという印象だったが、今回買ったものは大きさも遜色ない。直径8~9cmといったところ。賀茂茄子みたいに、大きいやつはもっと大きくなったりするんだろうか。

 早速、あぶって醤油でいただいた。慌てずにじっくりと火を通すのが肝心。内部がとろとろになって旨い。

 京都の料理屋さんみたいに分厚く切って楽しみたいが、分厚く切ると中まで火が通らない…。気楽に満遍なく火が通る、厚さ2cm位がウチでは丁度いいなと一つお勉強。


「吉川なす」と「加茂なす」 お店では、同じ生産者の加茂ナスが吉川ナスと一緒に並んでいた。気になったので、後日両方買ってきた。

左側が吉川ナス、右側が同じ生産者の加茂ナス。
(「加茂」の漢字表記は販売時のラベル表示に準拠)

 気になるので、ちょっと比較をしてみたいと思った訳です…。

 吉川なすも加茂なすも2個160円という価格設定。300円そこそこでこういう試みができてしまう、地方在住ならではの幸せをかみしめる…。後述するように味も最盛期の加茂茄子の味で、京都人が聞いたら暴動おこしちゃうかも…

›› 続きを読む
ひね鶏(親どり)って、忘れた頃に食べたくなるんだよねぇ。

 固いというより「頑強」と言ったほうが適切な、強烈な歯ごたえ。そして噛めば噛むほど滲んでくる鶏のエキス。
 ひね鶏(親どり)って、たまらんですなあ…

 アメリカ人は固い牛肉を好むらしいっていうが、うんうんそれも大いに分かるってもんだ。

 最近何となく思い立って福井市内のスーパーを回ってみたら、スーパーでも結構手に入るもんだねぇ。専門のお肉屋さんが入っているようなスーパーなら、まず確実に品揃えに入ってる。何の工夫もなく単に塩こしょうして炒めるだけでいい味が出る。

 ちなみに、管理人は秋吉の”純ケイ”を今の今まで親鳥だと知らずに食べてました…
「生」ごまどうふ (福井県永平寺町) ~ごま豆腐店が「本気」を出すとどうなるか
生ごま豆腐(福井、永平寺町「団助」) 永平寺に行く途中、否が応にも目に入るのが「ごまどうふ」の巨大で派手な看板。複数の店舗が競合しているためか、1枚や2枚でなく、何枚も連続して視界に飛び込んでくる。

 あれを見ていると、「所詮ごま豆腐なんて観光みやげか」と、むしろ胡麻豆腐を買う気が失せてくる方も多いんじゃないかと人事とはいえ逆にお店のほうを心配したくもなる訳だが、そういう前提を考慮した上でも、この生ごま豆腐には感服するところしきりである。「ごま豆腐というのは本来こういう食べ物なのか」とまざまざと感じさせてくれる。

 福井近辺の方ならおそらく土産品のコーナーで一度は目にした経験があるであろう、「ごまどうふ団助」の本店のみで手に入る。本店は永平寺町、永平寺に行く途中の道沿いにある。土産品店の並ぶ門前町からは結構離れており、寺から歩いて行くのは厳しい。通常は車で行く所だろう。限定品で、営業時間中に売り切れることもある(実際、管理人は夕方に買いに行って「売り切れ」という経験をした)。一つ七百数十円、賞味期限は当日中という代物である。

 とにかく「ナチュラルでもっちもち」。この一言に尽きる。胡麻の風味も、おみやげ品のパック詰めのものよりナチュラルで優しい。

 おみやげ品のパック詰めのごまどうふもモチモチした食感で、あれはあれで楽しめる食感ではあるんだが、モチモチの質が違う。これを一度食べてしまうと、もうパックのごま豆腐には戻れない位の破壊力がある。お店の中に食べるスペースがなく持ち帰り専用という品ではあるが、興味のある人は是非お試しを。



›› 続きを読む
富山で「亀ゼリー」を食べてきた。
亀ゼリー(富山「薬膳カフェ 癒楽甘・春々堂」) ごめんなさい、ダジャレか何かではなく、本当にのあの亀を煮込んで作った漢方風味のゼリーです。こういうのが得意でない方いらっしゃったらすみません…

 とはいえ、だ。一時期香港で流行っているとかテレビで出ていたのを見た人も多いだろう。美容にはとても良い(らしい?)デザートなんですよー。いかにもコラーゲンコラーゲンしてそうでしょ(笑)

 JR富山駅前の再開発ビルらしき施設、CICの5F「くすりミュージアム」に併設されている「薬膳カフェ 癒楽甘・春々堂」で食べられる。税込420円也。店名はどう読むのかさっぱり分からないが、薬膳カフェとは珍しい。

 ちなみにこの薬膳カフェ、あの"くすりの広貫堂"の運営。会計のときにカウンターを見たら、持ち帰り用の亀ゼリーの缶も売っていた。裏返してラベルを見ると、成分表示も全て中国語。本場の直輸入ものである。さすがは薬の富山ならでは、といったところか。お店で出しているのもこの輸入ものとのこと。

›› 続きを読む
「とみつ金時」…じゃなくて「とみつ安納芋」!?
 福井県特産のブランドさつまいも、あわら市の富津地区で生産されている「とみつ金時」。「とみつ」が平仮名になっているのは、「富津の赤貝」「富津の穴子」などが有名な富津(ふっつ)漁港のある千葉県の富津市とまぎらわしいから、ということらしい。

 とみつ金時という名前は一昔前は見かけなかったような気がするけれど、食べてみると「ん…これはいつも食べているお芋の味だナ」という感じで、事実、福井県内のスーパーではかなりの頻度で見かけるサツマイモだ。

 さて、今回見かけたのは同じあわら市富津産のさつまいも。しかし…

とみつ「安納芋」 「とみつ”安納芋”」~!!

 福井県で生産された「安納芋」である。
 ほぉぉ、安納芋を福井県でも作っている、と。生産者はあわら市の上田農園、となっている。いいねえ。ワクワクすることするじゃないか。福井市松本のユース、福井県永平寺町のラッキー(スーパー部分はユース)などで見かけたので、どうもユース系列で見ることができるようだ。ハニーでもラベルは違うが同様のサツマイモを見かけた。

 ためしに切ってみたら、加熱する前からほのかに断面がオレンジ色だ。

 焼きイモ作ってみたよ。鮮やかなオレンジ色に発色するよ。
 甘さ?そりゃー甘いですよ。こいつは格別に良い。しっとりなめらかな食感です。
 食べる時はこれでもかという位の弱火、すきま風でも吹き込んできたら消えちゃうんじゃないかという位の弱火でゆっくり、じっくり時間をかけて加熱しましょう。色と甘みがグンと増します。管理人のお鍋&コンロの環境では加熱40分位が目安。

›› 続きを読む

≪ PREV | BLOG TOP | NEXT ≫


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。