スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セブンイレブンといえば…
セブンイレブンといえばブリトー。
これは外せない。

 セブンイレブンにブリトーがなかったら、管理人のセブンイレブンに対する価値は半分もなくなるだろう。他社の類似製品とは出来が違うのである。

 ブリトーなくしてセブンイレブンなし。
 セブンイレブンなくしてブリトーもなし。

かえる…?
 …カエルさんです。福井西武地下のドンクに並んでた。

 ホワイトチョコレート味のクリームの入った、抹茶を練りこんだパン。何だかのどかな気分になりますねぇ。春だしねぇ。
ショコラバゲット ~チョコレートを練りこんだフランスパン。
「ショコラバゲット」。
 福井西武の地下のドンクで購入。
 小さいサイズのほうで550円。

 バレンタインの試みにしてはちょっと面白いアプローチ。中にはビターな色のチョコのペースト入り。全体的に甘いけれど、でも何だか大人っぽい雰囲気。ちょっといいねえ。
加賀金時焼き芋まん(ローソン)
加賀金時焼き芋まん(ローソン) 石川名産のさつま芋「五郎島金時」100%使用の中華まん。今月はじめ頃に福井県立大前のローソンで購入。写真ではちょっと見づらくなっているが「金時ちゃん」と書いてあるオリジナルキャラを表面に焼いてくるあたり、随分気合が入っている。

 なぜこれを取り上げてみたかというと、「ついにコンビニ肉まんもご当地ものの時代に入ったかー」ということを痛烈に印象づけられたため。停滞していた感のあるコンビニ肉まん界だが、にわかに大きな変革期を迎えつつあるのか。

 中身はしっとり滑らかな舌触り。五郎島金時の再現って、やっぱりこういう風にしっとりしたアプローチになるのが多いのかな。
たまたま食べちゃった(マクドナルド「クォーターパウンダー」)
 こないだ大阪にいったら、たまたま梅田の阪急のマクドナルドでクォーターパウンダーが限定販売。サクラで大行列疑惑とか、痛い意味で話題になったハンバーガーだけれども、その割にはあまり並んでもいなかったので、試しにいただいてみた。もちろん、量の多いダブルクォーターパウンダー・チーズを注文。単品で480円だったか。5分待ちくらい。

 一番大事な大きさが、おやおや…写真のイメージと少し違うような…なーんて野暮なことは、もうこの際言わなくてもみんな世の中分かってる…っていうことでいいですか。

 参考までに、写真でハンバーガーの隣にあるのはSサイズのコーラ。この間のモスバーガーの国産肉のハンバーガーといい、メニューのサンプル写真を美味しそうに見せすぎて実物を見たとき意気消沈してしまうが、最近ちょっとやり方が露骨すぎやしないか。

 肉の量を気にしなければ、メガマックのほうが大きさはあるかも…(もしかすると、体積的にはビッグマックのほうが大きいかもとも思ったり…)。480円のバーガーということを考えるとやや複雑な気分。

 ただし、肉の味のほうは今までのマクドナルドと比較して確かに別格。噛むと肉汁がじゅわっと出て…といった楽しみもある。何ていうのか、肉汁は随分多いように感じる。お肉に"肉汁のもと"みたいなやつでも仕込んであったりして。モスバーガーの国産肉のやつと比べた場合、個人的にはマクドナルドのほうが好みかなあ。値段が500円近いというのはやはり買うときに抵抗はあるかな。

 …といった具合。限定発売とか、ことさらに特別に盛り上げる程のメニューではないと思いますよ。春には全国展開らしいけれど、さっさと全国発売しても良かったんじゃないか。やるんなら"ハーフパウンダー"とか"ワンパウンド"とか、いく所までいったやつが今からでも現れてくんないだろうか。
極のピザまん(サークルK/サンクス)
極みのピザまん(サークルK/サンクス)極のピザまん(サークルK/サンクス) 160円

 見て!このチーズの伸び。
 食べててちょっと楽しい。

 しかもこのピザまん、有難いことに本気で旨い。
 トマトの旨みが今までのピザまんと格段に違う。

 久しぶりにやったなサークルKサンクス。肉まんで久々の個人的ヒット。

≪ PREV | BLOG TOP | NEXT ≫


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。