スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長崎屋(ちゃんぽん、皿うどん) 石川県加賀市
長崎屋(石川県加賀市) ちゃんぽん ちゃんぽんというのは、麺にちょっともっちり感があって、そこがラーメンと少し違うのだな、と。
 そう思わされたような、違いを感じさせられたような気がする。

 長崎のちゃんぽんは修学旅行のときに食べたっきりなので、本場の味がこういう味かどうかまでは分からないが、一言、ここのチャンポンは、うまいのだ。しかも、「ラーメンとも一味違うぜ」って所をちゃんと感じさせてくれるのだ。その1点で十分かなと。京都あたりまでなら「何とか本場の味を食べに行ってみようか」って気にもなるけど、長崎遠いし。
 某大手餃子チェーンあたりのチャンポンに飽き足らない人は、食べに行く価値があると思うのだ。

 皿うどん。極細の麺の食感が非常に良い。
 修学旅行で食べたとき「美味しい!」って食べた皿うどんはこういうやつだったような気がする。

 極細ゆえに、麺が最初のパリパリの状態から割と短時間でシナシナにふやけていくが、そのシナシナ感が好きな人にはたまらない美味しさ。

 皿うどんは、太めの麺(ソフトめん)で注文することもできるみたい。

›› 続きを読む
ふくまる軒(中華そば) 福井市
ふくまる軒(中華そば)福井市 ここ、今でもやってるかな…
 期待と不安をない交ぜにしながら、数年振りにお店に入ってみる。

 お店では、随分年季の入った例のご主人が、以前と変わらず鍋を振るっていた。

 お店では、件のご主人が仕事中である。前の客が注文したラーメンが、一つ一つ、ゆっくりとしたペースで順番に出来上がる。料理人が一人ということもあり、料理が出てくるまで結構時間がかかる。新聞を読んだり、テレビを見たりしながらのんびりと待つ。何しろ、あのご主人の年季の入った風貌。今でも変わらず昔のようなラーメンが食べられるだろうか…と内心ハラハラしながら待ってみたり。

 そうこうしているうちに出てきた、
 中華そば。

 一口食べて、さっきまで「ハラハラ」だの変な心配をしていたことを心の中で詫びた。…ガチでうまい。
 絶妙のタイミングで茹でられた、コシのある麺。
 見た目のように単にクリアではなく、気持ち深みがあるナチュラルな口当たりのスープ。
 常連客は、みんな大盛を頼んでいる。それも分かる話。

 焼飯。
 これぞ美味いチャーハンのお手本、といった感じの、現実に真っ向勝負で美味いチャーハン。

 巷では、チャーハンとヤキメシは違うものだ、など細かい人を言う人もいるようだが、食べるだけならそんなことはどうでもいい。大事なのは、これが美味いということ。

 …何だろう。ここにきて、ご主人の年季の積み重ねが心に響いてきたような気が。

京都ラーメン気まぐれ散策 ~一乗寺・北白川方面
 京都ラーメンといえば一乗寺~北白川近辺。かつてほどの行列は見られなくなった気もするが「今回はどのお店行こう。ハシゴしちゃおうか」なんて迷いながら街を歩き回る楽しみは、個性のあるラーメン店が点在するこの地域ならではのもの。

・天天有(一乗寺)
 10年ちょっと前、京都の友達から教えてもらった頃、このお店は開店前から長い行列が…という状態だった。

 今じゃチェーン展開もしていて、かつてのような行列には遭遇しない。だが一乗寺の本店の味はやはり他のチェーン店とは格段に違う。素人でも分かる。
 一見したところスープは「天下一品」のそれを思わせるが、甘みのあるやさしい丸い柔らかい味のスープは、天下一品とは異なる味わいと口にすれば分かる。管理人、京都のラーメンではこのお店が一番好き。もう断言していい。
 煮卵入りが普通の中華そばと同じ価格なのも少しうれしい(代わりにチャーシューが少なくなる)。

・高安(一乗寺)
 1年位前に行ったときは、ネットで人気があると書いてあるとおり、入口で20分ほど順番待ちをした記憶がある。
 九州のトンコツとはまた違った洗練されたトンコツの味。どこかでよく食べた記憶がある味だなーと思って考えたが、そういえば福井の「ラーメンうえだ」の味にそっくり。そりゃよく食べてるわ。
 麺のほうは典型的な京都の麺って感じでうえだとは異なる。

・東龍(北白川)
 ここも一時は行列が長かった。今では支店もあるらしいが、ここは支店と本店の味がどうなのか知らない。
 東龍そば。味玉入りを注文。
 ホームページにトンコツとトリガラのスープだとは書いてあるが、色々な材料が入っているような複雑な味がうまくまとまった正体不明系の旨み。

›› 続きを読む
”あわらの8番”がこれほどとは。
 先日、初めて芦原の8番ラーメンに行ってみた。
 噂はかねがね耳にしていたんだが…

 なぬ。なぜこんなに味が違うのか。
 他の店舗に比べ、明らかに図抜けて美味い。

 野菜がうまい。きれいで柔らかなだしの味を感じるスープ。
 これを口にすれば「8番ラーメンなんてラーメンじゃない」なんて北陸以外の出身者からしたり顔で言われたりすることもなかろう。何でやろ。何でやろ。

›› 続きを読む
カラダにやさしいラーメンを、福井で探してみました。
 最近どうもね。天下一品のラーメンがうまく消化できなくなってきて…。どうも好みがお腹にやさしい食べ物にほうに動いてる…。体だけの話ではなくて、時代の流れがそうさせているような気もせんではないが…

 というわけで、最近福井近辺でラーメン屋さんにいった中でこれはと感じたラーメンをいくつかピックアップ。無化調(化学調味料無し)かどうかは分からない部分が多いけれど、一応これらはいずれもそういう方向性のラーメンでもある。もちろん無化調なのが大事なのではなく、一番大切なのは味。それとお店の雰囲気が個人的に好きかどうか、という辺り。そういうポイントは抑えたつもり。

ラーメン市野々(福井市)特製中華そばラーメン市野々(福井市)の
特製中華そば。

 お店の看板はいかにも脂ぎったギトギトのラーメンが出そうな雰囲気なんだが、看板のイメージとは真逆の、ナチュラルな旨みにあふれた、お腹にやさしい透明なスープの醤油ラーメン。食べた後はおなかがにっこり、とても幸せな気分になる。
 スープの旨みも十分に出ており「ナチュラルな食材使ってます」というのに寄っかかっている感じは見られない。個人的には、かつての鯖江の丸木屋が超えられなかった壁を超えたのではないかとも思っている。
 なお正直に感じたままを言うが、特製中華そばが非常に良いので塩ラーメンや豚骨ラーメンなども頼んでみたりもしたのだが、特製中華そば以外の完成度はかなり微妙(詳しくは言わないけれど)。なぜか「特製中華そば」だけ突出して完成度が高い。看板のイメージで、最初にトンコツ頼んじゃうひとも多いだろな…。このお店、そういう所が何か本当に気の毒なんだよな…以前の「どん底」時代の味のイメージがあって入りづらいって話もいまだに聞いたりするし。

ラーメンうえだ(福井県坂井市)とんこつ塩ラーメンうえだ(坂井市)の
とんこつ塩。
※写真は「味付け玉子」を追加でトッピング。

「トンコツが"おなかにやさしい"だと?」信じない人がいても無理はなさそうだ。
しかしだ。このラーメンを食べた後の食後感。これもおなかが喜んでいる…

 それも納得。URALAの食べ歩きの本の解説をみると、このお店「化学調味料不使用」ってちゃんと書いてあるんだよ。それに長時間煮込んだゲンコツ。材料は日々研究されるだろうから今でも無化調かは自身を持っては言えないが、そういう方向性の味なのは確か。百聞は一見に如かず。一度食べてみるのが一番だ。なお、調味料の棚にドンと準備されているすりおろした白ゴマをかけると、オーガニック度が増した別種の世界が味わえる。一度かけると味が元に戻せなくなるけどな。

›› 続きを読む
富山のバターコーンラーメン。き、黄色い…
 富山市婦中町「なんばんラーメン」のバターコーンラーメン(550円)。
 スープ全体がコーン…。目が覚める黄色だぜ。

 すり流したやつというか、缶詰で売ってるクリームタイプのコーンを一缶そのままぶちこんだというか。コーンポタージュよりコーンの存在が分かるスープ。

 あんかけ風にとろみがつけてあるなど、隠れた工夫が色々あるようにも思われるが、印象はとにかくコーンの海。コーンの海に麺が埋もれている。

›› 続きを読む

≪ PREV | BLOG TOP | NEXT ≫


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。