スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
”sensuous food, emotional taste, フードクリエイション 食欲のデザイン展” (金沢21世紀美術館)
 ロン・ミュエック展など大きな展覧会をバンバンやっている金沢21世紀美術館の一角、コンパクトな一部屋で割合ひっそりと行われている展覧会。意味深げなタイトルがつけられた不思議なメニューは一部日程に限られるが実際に口にすることもできる。「注文できる展覧会」ですって。

sensuous food, emotional taste, フードクリエイション 食欲のデザイン展 -感情であじわう感情のテイスト-
(金沢21世紀美術館 2008.7.19-9.28)

 食べられるといっても、普段は何十もあるメニューのうちから当日のおすすめの一品を口にするだけといった感じみたいなんだけど、週末を中心に予約制で5品程度の”おまかせコース”というイベントが組まれている。今回はその予約制のほうに行ってきたよ。ちなみに、管理人が行ったときのメニューは7品。全て一口サイズなので、ご飯の代わりには使えませぬ。もともと空腹感を満たすというコンセプトとは異なるという趣旨。管理人の行った時間帯は席にまだ余裕があって、その場で当日のお客の受付もしていたよ。

 会場になっている部屋は全面ガラス張り、結構いらっしゃる外のギャラリーから食べる様子は完全につつ抜け。そういう状況で食べるというのは恥ずかしさもある反面、普段ではお目にかかることのないない異世界のような絵空事のような空間が不思議な感覚を味わわせてくれる。「2001年宇宙の旅」のラストを思い出しましたよ私は。この非日常的な感覚、結構楽しかったかも。

›› 続きを読む
ケンタッキーの"ボンレスチキン"…
 とにかく一枚肉で!という発想は好き、なんですけどね。巷では、安い肉のかけらやそもそも肉ですらないものを色々つなぎ合わせて、肉の風味は香料で補う…っていう自称「お肉」が安物中心に氾濫している(らしい)ご時世ですからねぇ。(※)

 それにしても、値段の割に厚みが薄すぎやしませんか。ボリュームが少ないとは正直思います…。本当の肉って高いんだね…。 

 ※この辺の事情は安原司「食品の裏側」(東洋経済新聞社)や、ファミレスでの実例など参照されたい。
 ※成型肉も肉を美味しく有効に楽しむ一つの方法ではあるんだけど、いかんせん成型肉というものの存在自体がどこまで知られているか、というほうが問題かとは思う(参考:wikipedia「成型肉」)。
福井西武の地下食売場、最近やるなあ。
福井県で唯一のデパ地下、福井西武の地下食料品売場。
久し振りに来てみたら、いつの間にか結構面白いお店入ってるんじゃない?

牛しぐれ煮おこわ(福井西武B1 田吾作) 福井西武、地下1階のお店「田吾作」の"牛しぐれ煮おこわ"。

 中華おこわとはちょっと一味違う、ありそうでないアプローチ。250グラムで504円。おこわに染み込む牛しぐれ煮の旨味。想像通りの鉄板の組み合わせ!
 あったかいうちに食べてしまったが、冷めてからのほうが本領を発揮しそうな感じ。

スパニッシュオムレツ(福井西武B1 ユアーズホテルダイニング) 同じく、福井西武地下1階「ユアーズホテル・ダイニング」の"スパニッシュオムレツ"。1つ367円。

 値段の割にかなり大きいのがうれしい。厚さは4cmはある。冷やして売っていたので冷たいままで食べたけれど味もかなり良くて、レストランの一皿でこんなのが出てくると「あっいい店だな」とか思うんじゃないかなという位。お家でこういう料理を経済的に楽しめるのは有難い。
越前かにカレー。
 テレビ「ランキンの楽園」に出たらしいですな。ギャル曽根が全国のご当地カレーを食べるという企画で(TBS系なので福井では見られない人もいた??)。
越前かにカレー 作ってみると、想像以上に濃厚なカニの香りが!中に入っている大き目の肉塊に見えるやつも、全てカニ肉のかたまり。名前に恥じないカニづくしのカレーである。

 香りは、カニの香りの良い部分のみ凝縮した感じ。味はカニのエキスを楽しむような濃厚で複雑な旨み。このぜいたく感、かなりの試行錯誤があったのではないかと。そういう工夫の跡がうれしい。中途半端なカニ料理を食べる時、時折ネガティブな磯臭さを感じるときがあるんだけど、これはそういうところがないのが非常に良い。これ、めっけもんだわ。

›› 続きを読む
おでんカレー。
 これも東京のおみやげ、うわさの秋葉原名物「おでんカレー」。おでん缶は日本中あちこちで見かけるようになったが、こちらのほうは見かけることがない。秋葉原のラオックスかどっかのゲーム店の店先で購入。

 「萌」だの「キター」だのいかにもあざとい感じのパッケージデザインの裏で、「ドジっ子妹が挑戦する???な味のカレーに居候のネコ型生物が機転を利かせて昨日のおでんを投入」という職人的な腕を感させるバックストーリーの存在が地味に光る。こういう思いつきで作ってしまったような商品にまで職人性がにじみ出て、そこに商品とは別個の新たな価値を創出してしまうあたり、ただの勢いだけでない現在の秋葉原の文化的な隆盛を感じるところ。

 味はまあおでんの具が素で入ってる以外はどうということもなく(笑)。和風ダシの入ったカレー自体はカレーうどんとかでも案外食べ慣れているわけですし。
木製スプーンを購入。あったかい肌触り。
木のスプーン(チーク材) こういう「普通の形」の木製スプーンが欲しかった。「La Cucina Felice 福井西武店(福井西武6F)」で購入。ホームセンターに売ってる木のスプーンと違って、ちゃんと機能美が追求されているところがうれしい。本来当たり前のことなのだけど。
 右側のスプーンなんて、いかにも「フランダースの犬」とかのハウス食品系アニメの雰囲気を残しつつ、量もたっぷり入って使い勝手も良さそう。素敵ではないか。
 材質はチーク材。ホームセンター等で売ってるものと比べてあまりツヤがないなーと思っていたら、初めて使用するときは自分で油をぬって6~8時間待つ必要があるのだそうで。その後も定期的に油のケアはしたほうがいいみたい。手のかかる子は何とやら、愛情込めて使ってください、ということみたい。

オリーブオイルによるケア後 オリーブ油を購入、全体に塗ってみました。やや色に深みが増し、ナチュラルな良いツヤが出てきます。

≪ PREV | BLOG TOP | NEXT ≫


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。