スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無鉄砲 本店(ラーメン) 京都府木津
無鉄砲 本店(京都府木津) こってり度・粘度ではあの「天下一品」すら上回る、恐るべきスープ。しかもトンコツ100%のスープで実現してしまうところが空怖ろしい。

 管理人はその昔京都のラーメン屋めぐりをしていた時期があって、そのとき非常に参考にさせて頂いたサイト「京都ラーメンマップ」様で情報を得たお店。当時は奈良市が本店で京都の店でなかったため特別にページを設けて、たしか「関西地方で最もこってり」とかいう表現をされていて、いてもたってもいられなくなった記憶がある(※現在は本店の京都府内移転に伴い、記事も全面リニューアルされた模様。記事はこちら。)。

で、問題のラーメンだが。
無鉄砲(京都府木津町) 豚骨ラーメン 正直な話、見た目ではあまりその凄さが伝わらないのが惜しい。ドンブリのふちのギトギトした感じからその片鱗は伺えるだろうか?勘違いしてはいけないのは、ギトギトの原因が油ではなく、豚骨由来のゼラチン質が主成分とみられること。口に入れた瞬間から得も言われぬクリーミーな、それでいて格段にボディのある風味が口内に広がる。

 このこってり感、天下一品系のこってりが好きな人には得も言われぬ感触だろうが、あっさり好きの人や、こってり好きでも「こってり=脂のこってり感」と考える人は、一口も箸をつけることができない位凄まじい。

 なお、とんこつスープとしてもかなり丁寧な仕上げで、野性的な風味が十分に抽出されている割に雑味が少なく、非常に好印象であることは強く言いたい。

 きっとここの店のスープ、ゼラチンの影響で冷めたら固めるテンプルのように激しく凝固するに違いない。現に、持ち帰り用のセットを買って帰り、家で調理したら、食後に見事に凝固しましたよ。

 麺は博多風に極細かと思いきや、角のある中細麺といった感じ。固さ”普通”の状態では、強烈なスープに対して印象が弱い感じ。麺は硬めでオーダーしたほうが良いと思う。それだけでバランスがグッと良くなってくる。ちなみにメニューには載ってないが、最も茹で時間の短い「粉落とし」も注文できる(常連さんのオーダーを観察してると分かります)。この麺、粉落としとかなり相性が良く、管理人は完全に「粉落とし」派。平たく言えば生煮えなので、慣れてない人はお腹に気を付けなければいけないが、チャレンジャーはトライしてみる価値があると思う。中細麺の割に替え玉もかなり早く出るのはうれしい所。

無鉄砲 本店
京都府相楽郡木津町大字梅谷小字髯谷15-3
11:00-15:00 18:00-23:00
定休:月曜
※休日に行ったら、昼の2時にも関わらず店の外に行列(30分待ち)。
※大阪市浪速区にも支店(大阪本店)があります。支店は現時点では結構すいてます。
「無鉄砲」のホームページ


 さて、店に来てメニューを選ぶあたりで判明するのだが、この店、魚系スープの醤油ラーメンも取り扱っていて、魚と豚骨のWスープのラーメンも一つの売りにしている。
 この魚系のスープ、当初はトビウオ主体だったようだが、本店の京都府移転直後はサンマの塩ラーメン、今回来店時はマグロの頭使用と結構攻めの姿勢が見られ、意外と侮れない。今回は悩んだ。

「マグロの頭かよ…」

 興味が尽きない所。えーい、仕方がないからもう一つ頼んじゃえ!

無鉄砲(京都府木津町) 塩(醤油?)ラーメン 塩(醤油?)ラーメン。マグロの頭を使ったスープは少々濁っており、最初はあまりインパクトを感じない。

「こんなもんか…」

 正直、感じた。しかしこの印象は後に覆される事となる。

muteppo-4.jpg 2つ頼んだ理由はWスープも自作する事にある。ここで先程の印象が変わってくる。Wスープにしたとき、マグロの頭の風味が非常に引き立っているのだ。

「ほう、さすが…マグロのスープはWスープを前提にしたものだな」

 しかし、この見立てすら間違いであったことが後に判明する。

「マグロのスープ、こんなに美味かったっけ?」
冷めたスープを再度口にしてみたところ、マグロの風味が実に鮮やかなのだ!

「そうか、このスープ、冷めると旨みが増してくるのか…」

 実に難しい食材と格闘している店主にやや敬服の念も抱きつつ店を後にした次第。
関連記事
                

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/86-59630574

正真正銘濃厚スープ/ラーメン

無鉄砲京都と大阪にあるお店です。ワタクシはラーメン好きな割には、それほど多くのお店に行っているわけではありませんが、この店より濃いラーメンには未だであったことがありません。とにかく極限まで濃縮された豚骨スープ

コメント

なんて美味しそうな文章!! 管理人さん、上手いですねぇ(*^^*)
粉おとしもよさげですが私、今日もえるびすのラーメンでお腹こわしたので挑戦はまだまだ先になりそう…
しかし天一系とマグロ系スープ、すごい尊敬せずにいられない(*^-'*)>

ほほーーー わたくしも 京都在住20年でしたが  ・・
当時は旨いもの しらなかったなーーー(;_;)

>ゆりかまま 様 お返事遅れました。

 上手いですねぇとはそちらこそお上手ですねぇ。毎回誤字脱字が結構多くて、表現力以前の所でご迷惑をおかけしてないかと心配です。

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

蕎麦処おおくぼ(福井市)で、新蕎麦を堪能。 | BLOG TOP | 個性的な音色-1902年製ブリュートナー・ピアノによるドビュッシー アラン・プラネス(p)


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。