ポッキー「極細」
ポッキー「極細」 こういう、「理屈」より「勘」で勝負したような商品がリリースされる会社って、いいなと思う。何のメリットがあってこういうものを開発するのかという「へ理屈」は世の中から極力なくなったほうが良いと思う。
 あまりに華奢すぎてモロいので、お店やパーティーで使うとかいうような実用性に欠け、商品としての寿命は長くないだろうが、管理人はこういう商品、大好きだ。
関連記事

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/83-fb7e52be

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

個性的な音色-1902年製ブリュートナー・ピアノによるドビュッシー アラン・プラネス(p) | BLOG TOP | セオリーどおり、吉野家へ。


QRコード
 このブログのQRコード