スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セオリーどおり、吉野家へ。
 行ってみましたよ。さすがに18日の再開初日は行列が凄くて入る気がしなかった。今日も店内はほぼ満席ながらさすがに行列はなく、待たずに食べられた。有難い。
yoshinoya1.jpg いつも通り、以前と変わらぬ姿の牛丼です。味とやわらかさは、やはりオーストラリア産とは一線を画すという印象。安全を取るか、味を取るか…ふうむ。
 今日はメニュー限定という特殊な条件があるものの、注文から牛丼が出るまでが随分早い(以前の1/2位か?)。客を取り戻すための努力だったら、それは褒めてあげないと。

yoshinoya2.jpg 帰りには割引券も配布。吉野家の気合の入りっぷりが伝わってくる。お店の雰囲気も大分活気が戻り、良い空気になっていた。
関連記事

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/81-5e18515a

吉野家の牛丼、再開しても食べれなかった

吉野家の牛丼がBSE問題でアメリカからの牛肉の輸入がストップしてから、もうかなり長い間販売が休止されています。今年に入って二回くらい一日だけ吉野家の牛丼が限定で販売されたのですが、テレビのニュースでは何でも前日の11時から徹夜して並んだ人が取材されていまし、

債務整理 時事速報 毎日牛丼!!

債務整理時事速報 毎日牛丼!!やった~~~!!遂に、遂に、吉野家の牛丼が12月から食べられる!本当に待ってましたよ!先日は期間限定だったので、長蛇の列ができてまして、並ぶ気にもなれませんでしたが、お金がないときは、もうこれで、安心ですね。債務整理 金利引き直

コメント

先端を担ってきた 味

ともかくも わたしも皆さんと同じように 食べに行きました WW
いろいろ  賛否もありながら 時代が作り出した味
うまい まずいは 抜きにして 吉野家なくして 牛丼なし
なくても いいけど なくてはならない 時代の最先端だった 牛丼です
この とんがった グルメを飾るとは  さすがというか たいした感覚と またまた 感服です
で  秘密のお鮨 こんど 書き込みますね
わたし 性格曲がってるかも ( ̄_ ̄|||) WW
 

>ひろ様 これはまた。

 お鮨のほうでも秘密のお店をお持ちとは、実に深いお方。お寿司の世界も調べれば調べるほど興味が尽きません。
 お寿司屋さんという空間は、ファストフード出自という側面、出されたものを、難しいこと考えず次々に口にして「うまい!」というような簡潔なやり取りを重視する感覚、その辺の小ざっぱり感が意外と心地良いです。一方で、短いやり取りの中に日本人が根源的に持っている何かというか、文化的なある種の核心(様式美・刹那の美など、突き詰めた「美」への欲求)に直に触れるような、濃密な時間を過ごしているような感じもまた良いです。旬の食材を通じて季節の移ろいも感じられますし、慣れると居心地良さそうな空間ですね。ハマると抜け出せなくなりそうですが。

もっともですね

おっしゃるとおりだと思います。
鮨長については なんどか伺っていますが おっしゃるような感動をわたしは いただけなかったです。
でも・・・ まてよ・・・と
鮨にしても 蕎麦にしても  一瞬の煌きの業
のれんに 安穏として旨さがいつも 続くわけもなしです。
そのなかで 代々営々と老舗としての評価を守り続ける・・ 一時の気も抜けない・・ そんな 暖簾の凄さもあり。それとて ただ守るだけでなく 新しい研鑽と積み重ねをしてこそ守れるもの。
こなた 一代限りの名人技もありかなと 考えます。
そんな 瞬間に出会えることの嬉しさと楽しさがたまりません。
心をつくした技の切れで 供される食を心行くまでおいしくいただけることの嬉しさは 幸せの極み  
ま・・ そんなわけで  とっても このブログは私自身を計る上でもありがたいのです。 いつもたのしみで あります。

>ひろ 様 一瞬の煌き、いいですね。

 私は魚に関しては勉強を始めたばかりなので、参考程度に見て頂けるだけでも有難いです。もう一度鮨長さんに行ってきましたが、やはり見たことがない位脂の乗ったブリを出されて、それだけでてんてこ舞い状態でした。
 11/5付けで今ブログに載せたところですが、小松の「志の助」さんというお店は「福井には本物の寿司屋がない」という話にも思わず納得させられてしまう位"職人さんの仕事"が魅力のお店で、素晴らしいの一言です。

いったのかあ~

いっちゃいましたか 志の助
うらやましい限りですねーー  
何度か 行きたいとおもいつつ なかなか 機会に恵まれずです。
福井にも志の助って  あります
では  つぎは 金沢の 小松弥吉にチャレンジしてくださいね・・(●^.^●))) 

小松弥助さんは何度かアプローチしているのですが、いつも予約がいっぱいでなかなかご縁がありません。いずれご縁もあるでしょう。あせらず気長にアプローチしてみたいと思ってます。

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

ポッキー「極細」 | BLOG TOP | 鮨長(寿司) 福井市


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。