スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ル・ディアマンローズ[Le Diamant Rose](フレンチ)福井市
※「ル・ディアマンローズ」さんの新しい記事を追加しました(遅まきながら、段々このお店の良さが分かってきた…)。よかったらこっちも見てね。(2008/7/6)
フレンチレストランでゆっくり過ごす、休日の昼下がり。


ル・ディアマンローズ[Le Diamant Rose](福井県福井市) 目下、非常に気になるお店。
 食べるほうの側に、解釈と経験が求められる店…と感じる。

 一口食べて「おいしい!」と即座に出るような料理ではないかもしれない。が、料理の懐は深く「本物」を感じさせる。近年、何事も分かりやすいのが良いという風潮だが、こういう分かりやすさを求めないお店もあっていいと思う。

 隠れ家的なお店の立地。お店の雰囲気、店員の対応、ともに極上。店員の自然な対応のおかげで、いかにも本格的なお店にもかかわらずリラックスして食事を楽しめる。

 おそらく、料理の目玉は極端に繊細なソースの表現にある。
 食材・調理法が全く奇を衒わない真っ向勝負なのと、ソースがあまりに繊細な表現のため、何も気付かず食べてしまう人も多いのではないか?

鯛の香草蒸しと焼き野菜「鯛の海草蒸しと季節の野菜(焼き野菜)」
 緑色のソースは多分枝豆のソース。さりげなく、ちょっと不思議な料理の引き立て役。

 正直に言うが、管理人は最初に食べた時、盛り付けは非常に洗練されている一方で、料理が自分から主張してくる感じがないことにかなり戸惑った(良く言えば、押し付けがましくない、楚々としている、という言い方もできるけれど)。しかし、店員との話からも、ソースに相当の工夫があることは明らかなのだ。

 普段の食生活からの舌のチューニングの切り替えが追いつかず、全てを味わい切れない、何か後ろ髪を引かれるような状況、といったところ。気になってその後さらに2回行ったが、感想は同じ。そう簡単に「分かった」という感じにはどうもならない。

 芸術など特にそうだが、世の中には、消費する側が見る目を育てないと、消費する側から手を伸ばさないとその魅力がつかめないものがある。そういうものは大概、懐の深い味わいある魅力をもつものだ。管理人はこの店、そういう店とみた。

 なお、この日管理人は一番安いランチ[LE CIEL 2,100円]を注文(放言失礼)。なぜか最安値のランチだけコストパフォーマンスがやたら良いので(というか他のメニューは覚悟がいるお値段なので)、気になったらランチでお試しあれ。高いメニューが凄く気になるのだけど。

 ランチタイム時、入口には3,150円、5,250円のメニューしか見えていませんが、2,100円のメニューもちゃんと注文できたのでご心配なく。

福井市加茂河原1-2-8
11:30-14:00(LO)、17:30-21:00(LO)
定休:月曜
 メニューの詳細は、お店のウェブサイトの"シェフのつぶやき"コーナーで確認できます。
関連記事

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/66-eeed0a8a

福井のディアマンローズ

 名店発見! 「発見」などというと失礼ではありますが…。「新大陸発見」などいっても、それはヨーロッパから見ての発見であって、アメリカ大陸やそこに住む人々は太古から存在していたわけです。この仏料理店「ル・ディアマンローズ」も福井に5年前からあります。私がた

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

浜松市楽器博物館でヴァイオリンの講座を聞いてきました。 | BLOG TOP | ピリオド楽器によるベートーヴェン~その可能性(弦楽四重奏曲)


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。