スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「富久駒(ふくこま)」 特別純米酒
富久駒 特別純米酒 こういうお酒を「掘り出し物」というのでしょう。

 立ち上がりは結構甘口。しかしすぐに、深く、香ばしい味と香りが口に広がります。力強い風味でありながらもチリチリとした刺激は全くなく、余韻を長く楽しめます。この完成度は「鷹勇」「天狗舞」「るみ子の酒」といった、実力派の蔵のレベル。文句の付けようがありません。こんなお酒が地元、坂井市で造られているとは。同じ蔵の「一筆啓上」「蔵の宿」にはここまでの印象はありません。管理人は、一筆啓上と一緒にこのお酒が並んでいたら、迷わずこちらのお酒を買うでしょう。

 しかも、醸造元の久保田酒造(福井県坂井市)は、ここ10年位「一筆啓上」「蔵の宿」といった印象に残るパッケージ・ネーミング・商品展開手法を取っているのですが(※1、※2)、この特別純米酒に限ってはパッケージ、ラベルとも非常に地味極まりない。何故???
 そのためか、このお酒、店頭でほとんど見かけません。管理人も地元なのにすっかり見逃してました…
 ただ、福井県に存在する唯一の百貨店「福井西武」の日本酒コーナーには、ちゃんとこの酒が並んでいます(「一筆啓上」は見かけなかったような…)。管理人もこの事実が気になり購入に至った、という訳です。そういう目の付け所は百貨店、侮り難いものがあります。

 →久保田酒造合資会社(福井県坂井市)

 ところでこちらの蔵、
 ホームページの商品説明、製作途中で放棄されてます(;´д`)
 特別純米酒、ネットで注文できないよ??

※1 久保田酒造(資)の所在地、福井県坂井郡丸岡町(今年3月に合併し、福井県坂井市へ)には「日本一短い母への手紙」等、短い手紙のコンクール「一筆啓上賞」があります。同名の純米吟醸酒が販売され、コンクールにからめた商品展開も行われています。

※2 漫画「蔵の宿」(作:西ゆうじ、画:田名俊信)のモデルになったのはこちらの蔵です。同名の純米吟醸酒が販売されています。なお、久保田酒造さんは旅館はされていません。
関連記事

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/65-7c7b7789

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

ピリオド楽器によるベートーヴェン~その可能性(弦楽四重奏曲) | BLOG TOP | つる庵(カツ丼・親子丼) 福井県越前市


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。