スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「喜左衛門井戸」を見る。
 普段は「焼きものには興味がない」という方でも、
 茶の湯の世界で「天下随一の茶碗」と言われる国宝のお茶碗だと言ったら、少しは興味が湧くものだろうか。

 所蔵する大徳寺では普段は一般公開されておらず、展覧会で展示される機会は極めて稀。今回、東京・根津美術館の展覧会でようやく実際に目にすることができた。
 柳宗悦「「喜左衛門井戸」を見る」の煽り文句のような文章を見て、一度この目で見てみたいと思ってから既に5年。見たい見たいと思っているうちは全く御縁がなかったのに、半ばもういいかと忘れかけた頃にポンと見る機会が出来る。これが世の中の常というものか。

 その根津美術館の展覧会自体、「細川」「有楽」「越後」「老僧」といった井戸茶碗が何十碗も(=聞いたことがないような規模で)一堂に会するいう特別な展覧会。展示ケースの隅から隅まで錚々たる顔ぶれの井戸茶碗がズラリと並んでいる。そこからちょっと離れた独立したスペースに、喜左衛門井戸は落ち着いた照明に照らされ展示されていた。


 第一印象は、自分が持っていたイメージとは異なる。
 ずらりと並んだ数々の井戸茶碗に気を取られつつ、こっちも見てみるかなと何気なく近寄ってみて「え?これ?」と思った位、その茶碗はちんまりと鎮座していた。

 要は、存在感がない。写真で見ていた印象では、この茶碗は余程強い存在感を放っているものだと思っていただけに、何だか裏をかかれたような、してやられたような気持ち。

 …しかし、会場の井戸茶碗を色々とみているうち、その存在感のなさこそがこの茶碗のキモだと確信するに至る。

 高台から口縁までの、やや急峻で自然な傾斜と角度。
 存在感のなさは、その佇まいがあまりにも自然であるがゆえ。
 作為がほとんど感じられないがゆえ、である。

 高台のカイラギが力強いとは言われるが、その佇まいは、全体の中であくまで自然な風景として収まっている。

 喜左衛門井戸に比べると、他の井戸茶碗は、いわば御所丸茶碗に似たある種の作為が見えてくるような気がする。なんだか、見れば見る程、使えば使うほど愛着がわいてきそうな非常にナチュラルな姿。この茶碗を愛蔵した松平不昧は、隣の部屋に展示されていた青井戸茶碗のセンスを見ても枯れたいい趣味の持ち主だなと感じさせられた。

 喜左衛門井戸は、ああいうのが家に1個あれば楽しいだろうなと思うと同時に、何となく「あれと同じ方向性のお茶碗だったら、現在の新しい作品の中からでも見つかるんじゃないか?」という希望を感じさせるものだった。
 ものの見方に、一つ整理がついたかもしれない。


 他には、ふくよかで円満で整理された美しさの「細川」も写真で見るより割と良かったが、方向性は喜左衛門とは大分異なる。そういうナチュラルさという意味では、管理人は青井戸茶碗がやっぱり好みだ。野村美術館「落葉」とも再会したが、ああいう感じのぐい飲みがないかなと思う気持ちは、今でも変わらない。展示期間の都合で藤田美術館の「老僧」に再会できなかったことはちょっと残念。当時見た印象では最高に好みの井戸茶碗だっだが、今ならどのように目に映るだろうか。

 東京では、同時期に五島美術館で本阿弥光悦のこれまた凄い展覧会が開催されていて、「時雨」「乙御前」「雨雲」「村雲」、もちろん五島美術館蔵の赤楽茶碗「雪峯」も目にするができた。初見の雪峯が非常に良い印象。

 こんな風に、今東京は12月頃まで茶碗の展覧会がえらいことになっている。どういう巡り合わせか分からないが、千載一遇の機会。こんな途方もない展覧会を実現してしまった両美術館には感謝の気持ちを表す他はない。
関連記事
                

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/531-08e5c9ca

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

| BLOG TOP | 収穫の時。


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。