スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
茶摘みから始める、自家製手作り緑茶。
お茶の木の新芽。茶摘みだ茶摘みだ。 夏も近づく~♪
 目にも鮮やかなお茶の木の若葉の緑。
 ここは茶摘みといきましょう。

 茶摘みから始める、おうち緑茶。
 この間、京都・大原のベニシアさんのテレビ番組で作り方が紹介されていて「へー、お茶ってこんなに簡単に出来るものなのか」と。早速試してみることに。

※お茶の木を庭に植えている人は、探せば結構いるんじゃないかしら(花もそれなりに風情があるし)。知り合いに聞いてみたら案外見つかるかも。
 お茶の若葉を適量摘んだらまずはお鍋で2~3分蒸す。
 普通の鍋+普通の金属の蒸し皿で普通に蒸せばOK。

 お茶の葉がしんなりしたら、温めておいたフライパンの上に乗せて、粗熱が取れるまでゆっくり冷ます。
 手でさわれる位になったら、弱火のフライパンの上で、お茶の葉を揉みながらゆっくり水分を飛ばしていく。

 水分が飛ぶにつれて、青臭い葉っぱの匂いが急速にお茶の香りになってくる。「あぁ、お茶だお茶」みたいな。
 体積も大分減ってきた。
 全体がカサカサするまで水分が飛んだら出来上がり~。
 フライパンでの作業時間は10分弱位だったかな。わりとすぐ出来上がった印象。
 ちょうど急須一杯分くらいになりました。
おうちで作った手作り緑茶♪ 急須で淹れてみたら、
 うんうん、確かに緑茶!
 渋みのない、甘~いお茶になりました。
 新茶だからかな?
関連記事

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/522-6283653d

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

栃 木 名 物。 | BLOG TOP | カフェ・ノーツの”パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ”が、豆で購入できるように。


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。