スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カフェ・ノーツの”パナマ・エスメラルダ・ゲイシャ”が、豆で購入できるように。
パナマ・ゲイシャ種(cafe notes[福井市]) カフェ・ノーツ(福井市)の「パナマ・ゲイシャ種」。
 事前予約が必要だけど、豆がお持ち帰りできるようになった。この味がおうちで楽しめる幸せ。

 100gで2,000円超えという超高級豆。身銭切りましたぜ。

 休日、ゆったりとした朝のモーニングコーヒー。
 おうちコーヒーで至福のひととき。

 味の傾向はかなり特徴あり。浅煎りの豆で、柑橘系の非常にフルーティな香り。苦味は、皆無と言って良い程に全くない。紅茶で言ったらキームンみたいな立ち位置。

 何だか「お高級なお豆ざぁます」みたいな感じで都会のマダム連に持て囃されるような想像がついて釈然としない感じもなくはないけれど、まあ仕方ないざーます(笑)。という訳で「コーヒー呑むならやっぱり苦味が欲しいさぁ」って方には少々肩すかしになるかも。

 でも、表面的には軽い印象のくせして、きちんと淹れ方がうまくいくと旨みも十分に出る豆だったりする所が憎いというか、高級な理由があるんだなと。コーヒーのネガティブな味を全て取り去って旨みだけを抽出したような味。結果、これまでで最高のおうちコーヒーになったのではないかと。


 最初、普段のコーヒーと同じように淹れたらちょっと味が薄めに出た。浅煎りなので、お湯の温度はちょっと高めをイメージしたほうがうまくいった気がする。
 …まあ、結局奥さんが淹れたやつが一番美味かったのでどうやって淹れたら良いかは自分にゃ良く分かんないんですけどね(泣)
関連記事
                

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/521-ebeb1956

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

茶摘みから始める、自家製手作り緑茶。 | BLOG TOP | クロユリの花が咲いていた。


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。