スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バッハ・コレギウム・ジャパン J・Sバッハ名曲コンサート(ハーモニーホールふくい 2013.2.17)
 2月のバッハ・コレギウム・ジャパンの福井公演、想像以上に素晴らしかった。

 節目の定期演奏会の直前とはいえ、まさか鈴木秀美(チェロ)や寺神戸亮(ヴァイオリン)まで来てくれるとは。コンマスに寺神戸亮、第二ヴァイオリンに若松夏美。完全に本気のメンバー構成。

 演奏も極上。管弦楽組曲第3番の整然とした、洗練された弦楽の美しさ。他の古楽演奏家のコンサートと比べてもさらに極上の仕上がり。カンタータの歌手もゲルト・テュルクやらペーター・コーイやらCDで見かける名前そのまま。福井でこんなメンバーで演奏が聴けるなんて本当にいいのかしらという感じ。一日中幸せな気分だった。あんなコンサートは何年に一度あることか。コンサート後のサイン会で、鈴木雅明氏とソロ歌手にサインをもらったCDが思い出の品。
関連記事

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/504-33ccf336

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

「相棒」、相変わらずいいよねぇ… | BLOG TOP | 来週、ハーモニーホールでバッハ・コレギウム・ジャパンのカンタータが聴ける。今から楽しみ。


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。