スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
弁天山美家古寿司 総本店(東京都 浅草)
 何か久しぶりに見かけた、美味しんぼの最新刊。
 106巻・107巻と同時に発売で、名人・名店の特集とのこと。

弁天山美家古寿司(浅草) 紹介されたお店の中に、弁天山美家古寿司も入ってた。
 管理人が行ったのは、思い返せばもう3年前…
2008年初頭の冬の話。
 たしかにいいお店だったな。
 仕事をした鮨うんぬん、というのは勿論だけれど、それよりも、ご主人の清潔感のある丁寧で紳士的な話し方のほうが印象に残っている。
 そのご主人の性格を形にあらわしたような、穴子の爽煮。美味しかったな…

 しっかりと仕事がしてあったマグロの醤油漬け、角の取れたマイルドな旨味のコハダ。キスなんて出てきたのも何となく江戸前っぽい感じがして、いい思い出。

 価格も銀座の高い寿司に比べれば十分納得できる。通おうと思えばこういう所にも通える東京の人って、幸せだよな…。何かと生活費のかさむ東京で、お金が続けばの話ではあるけれど。

 3年前のことをここまで書けたのは、当時使ってた携帯にメモが残してあったから。まだあるかな…と探したら無事残っていた。断片的なメモだけでも、見ているうちに段々と細部まで記憶が蘇ってくる。こういう時には役に立つもんだ。


 この頃の浅草の風景には、まだスカイツリーがなかったんだな…。
 今見ると、背景に何かが足りないような感じがちゃんとあるのが不思議。

 久しぶりに写真を見返して、何だか郷愁モードの管理人。
関連記事
                

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/465-2729da9f

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

立山に登る。(立山縦走 雄山-大汝山-富士の折立-別山) | BLOG TOP | 伊吹山 -高山植物のお花畑・その3-


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。