スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青井戸茶碗「柴田」 ~江 -姫たちの戦国-展(福井県立美術館)
 あまり表立ってPRされていないようだが、伝世の青井戸茶碗の中でも代表的な、青井戸茶碗「柴田」が、現在福井県立美術館で開催中の「江-姫たちの戦国-」展の展示品の目玉の一つとして、今福井にやってきているのだ。

 世の中に「青井戸好き」という人種がどの位いるかは分からないが、青井戸好きにとっては、この茶碗一つを見にいくためだけに展覧会に行ってもいい位のこと。
 実際、管理人はこの茶碗のためだけに展覧会に行ってきた。

 他の展示品はともかく、「柴田井戸」がやはり素晴らしかったことは確か。行こうかどうか迷う位の人がいたら行ってみたら、というのが管理人の個人的意見。


 実際に見た「柴田」は、展覧会のパンフレットに載っている写真よりややシャープな印象。形とかろくろ目の立ち方など、確かに一般的な井戸茶碗より精悍。ちょっと無骨な感じもあって、これを信長から柴田勝家が拝領したというのは、偶然かもしれないが何だかイメージぴったりすぎて不思議な気分。

 色も、思っていたより青みがかっていて、なんだか玄妙な色合い。見れば見るほど手にとってみたくなる。

…かえすがえすも、こういう器が手元に一つあったらなあ…と、お茶を嗜む訳でもない管理人にさえ夢想させるような茶碗。いいなあ。
関連記事
                

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/450-8d1a1702

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

十阡萬(福井県あわら市) -「ソースが旨いソースカツ丼」という正論。 | BLOG TOP | 博多らーめん田中(福井市)


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。