スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペダルクラヴィコード 話の続き。
前回の話はこちら。
ペダルチェンバロ、ペダルクラヴィコード、ペダルピアノ~足鍵盤付きのチェンバロ?

 さて。前回の話のとおりペダルクラヴィコードのCDの続編を発見したため、早速買ってみることに。
pedal-21.jpg「Erik van Bruggen Pedal Clavichords」
スヴェーリンク:ペダルの前奏曲、シャイデマン:プレアンブルム ト長調、ブクステフーデ:前奏曲ニ短調 BuxWV140、前奏曲ハ長調 BuxWV136、リッター:ソナティナ、バッハ:前奏曲とフーガ変ホ長調 BWV552(聖アン)、幻想曲とフーガ ハ短調 BWV537 Erik van Bruggen(ペダルクラヴィコード)[M.R.S(Music Recording Service) 032001-2]

 今回は、1760年製楽器のレプリカと一緒に、17世紀のクラヴィコードのレプリカも使用。期待してたスヴェーリンクの曲目は地味で、外されたような感じ。そのかわり、バッハと同時代に活躍したクリスティアン・リッター(164?-172?)の曲は掘り出し物。バッハ近辺の北ドイツ学派の作曲家って、ブクステフーデとゲオルク・ベーム以外は意外と光が当たらない。ニコラウス・ブルーンス(1665-1697)とか、ヴィンセント・リューベック(1654-1740)とか、若い頃のバッハと見紛うような幻想味溢れる鍵盤楽曲が、色々見つかるに違いないんですけどねー。
 バッハは、「聖アン」のクラヴィコード演奏。重。次回作とかでBWV548(くさび型フーガのやつ)とかも録音してくれないかしら。

 今回のCD、選曲が地味目というかかなり通向け。やや一般向きではない、かな。一般の客はそもそも興味がないと思うけど。演奏は前作よりは少し繊細になっている?サーストン・ダートとかハラルド・フォーゲルの域には達してないけれど、そんな域まで求めるのは酷なことですし。録音してくれるだけで有難い。
関連記事

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/44-0d35cdcd

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

まちづくり関係の話 新ブログに移転しました。 | BLOG TOP | まーた…!(キリン ポストウォーター)


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。