スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桃屋のラー油。
 「食べるラー油」ブームのきっかけになった、桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」。
 福井にもありましたよ。

 全国的に品薄状態が長いこと続いたラー油。今までお目にかかったことはなかったけれど、今日福井県内の某ユースで何となくラー油の棚を眺めてみたら、普通に棚に並んでた。

 中身はフライドガーリックにフライドオニオンと、いわゆる"食べるラー油"としては非常にオーソドックスな構成(ブームの発祥ですしね)。

 フタを空けてみると、ラー油っぽい刺激的な香りは全然しない。代わりに何か香ばしい旨味たっぷりの香りがしてきて、食欲を誘う。"ごはんですよ"に通じる、いかにもご飯にかけてみたくなるような吸引力がある。

 早速ごはんに乗せて食べてみた。
 …なるほど。これは旨い。

 評判通り、やさしい味。
 万人に受ける、オーソドックスな旨さ。

 やるなあ桃屋。

関連記事

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/426-13650168

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

新興梨。 | BLOG TOP | トン・コープマン オルガン&チェンバロリサイタル(2010.11.13 ハーモニーホールふくい)


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。