スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たいやきの話。
 こういうたい焼き、本当にあるんだな。

 10~20枚いっぺんに焼くような鉄板じゃなくて、
 鯛焼き1匹だけを焼くための金型で、
 一枚一枚ちゃんと火加減みながら焼いて。

 焼きたてのたい焼き。うろこのあたり、エッジが立っている。
 アンコは尻尾の先、限界ぎりぎりまで入ってる。
 車で言うならオートマ運転とマニュアル運転の違いのようなものか。

 アンコも図抜けてうまい。「今日はアンコが切れた」とか言うあたり、自家製で作っているのか。
 アンコが少々苦手な管理人でもどんどん手が伸びる位。

 え?もちろん福井のお店ですよ。
 決して、東京の老舗とかそういうお店のことを言ってるのではない。
 ほら、ふと気が付くとクリーム味(これも自家製)がメニューに加わってたりする、あそこですよ。
関連記事

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/402-0f3dece3

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

ハンドルネーム変更。再び。 | BLOG TOP | マーラー:交響曲第7番「夜の歌」(ケーゲル/東京都交響楽団)


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。