スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カラダにやさしいラーメンを、福井で探してみました。
 最近どうもね。天下一品のラーメンがうまく消化できなくなってきて…。どうも好みがお腹にやさしい食べ物にほうに動いてる…。体だけの話ではなくて、時代の流れがそうさせているような気もせんではないが…

 というわけで、最近福井近辺でラーメン屋さんにいった中でこれはと感じたラーメンをいくつかピックアップ。無化調(化学調味料無し)かどうかは分からない部分が多いけれど、一応これらはいずれもそういう方向性のラーメンでもある。もちろん無化調なのが大事なのではなく、一番大切なのは味。それとお店の雰囲気が個人的に好きかどうか、という辺り。そういうポイントは抑えたつもり。

ラーメン市野々(福井市)特製中華そばラーメン市野々(福井市)の
特製中華そば。

 お店の看板はいかにも脂ぎったギトギトのラーメンが出そうな雰囲気なんだが、看板のイメージとは真逆の、ナチュラルな旨みにあふれた、お腹にやさしい透明なスープの醤油ラーメン。食べた後はおなかがにっこり、とても幸せな気分になる。
 スープの旨みも十分に出ており「ナチュラルな食材使ってます」というのに寄っかかっている感じは見られない。個人的には、かつての鯖江の丸木屋が超えられなかった壁を超えたのではないかとも思っている。
 なお正直に感じたままを言うが、特製中華そばが非常に良いので塩ラーメンや豚骨ラーメンなども頼んでみたりもしたのだが、特製中華そば以外の完成度はかなり微妙(詳しくは言わないけれど)。なぜか「特製中華そば」だけ突出して完成度が高い。看板のイメージで、最初にトンコツ頼んじゃうひとも多いだろな…。このお店、そういう所が何か本当に気の毒なんだよな…以前の「どん底」時代の味のイメージがあって入りづらいって話もいまだに聞いたりするし。

ラーメンうえだ(福井県坂井市)とんこつ塩ラーメンうえだ(坂井市)の
とんこつ塩。
※写真は「味付け玉子」を追加でトッピング。

「トンコツが"おなかにやさしい"だと?」信じない人がいても無理はなさそうだ。
しかしだ。このラーメンを食べた後の食後感。これもおなかが喜んでいる…

 それも納得。URALAの食べ歩きの本の解説をみると、このお店「化学調味料不使用」ってちゃんと書いてあるんだよ。それに長時間煮込んだゲンコツ。材料は日々研究されるだろうから今でも無化調かは自身を持っては言えないが、そういう方向性の味なのは確か。百聞は一見に如かず。一度食べてみるのが一番だ。なお、調味料の棚にドンと準備されているすりおろした白ゴマをかけると、オーガニック度が増した別種の世界が味わえる。一度かけると味が元に戻せなくなるけどな。


真竜ラーメン(福井県坂井市) 塩ラーメン真竜ラーメン(坂井市)の
塩ラーメン。
※写真の麺は「真麺」。

 体にやさしいラーメンという話題なら、外す訳にはいかんですかね。ずーっと前から薬膳のような感のあるラーメン作られてますしね。福井市から坂井市春江に移転して以降初めてお店に入ったけれども、春菊が目をひくトッピングといいラーメンは相変わらず。味は福井の方なら説明するまでもないでしょうけど。

 塩ラーメンは、「極細麺」か極細に比べれば少し太めの平打ち麺の「真麺」から選べる。極細麺が麺の中心部まできちんとゆでるタイプなのは今でも相変わらず。「極細麺は中心部が生ゆでじゃなきゃヤダ」という特殊な性癖を持つ管理人とは方向性的にやや合わないが、火が通ってたほうがお腹にやさしいのは確かですな。
関連記事
                

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/386-a52a3561

コメント

真竜ラーメンが金沢からなくなってしまって、さみしい思いをしています。
あっさり系のラーメンが好きなので、真竜ラーメンの塩・真麺が私の中では
かなり一押しでした~
ここのとろとろチャーシューもむっちゃ好みです。

>あぶらがに 様
 やはり真竜ラーメンは知名度ありますね…。大阪の揚子江ラーメンの系統とどこかで見たような記憶があるんですけど、どうでしたかね。多少は金沢寄りになりましたし(車で15分位なっただけですが(泣))、福井のほうに来てみるのもいかがでしょうか、なんて。

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

エチゼンクラゲを”食べる”。(エチゼンクラゲの梅みそあえ) | BLOG TOP | サイバラvs福本伸行。ざわ…


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。