スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガーディナーのモーツァルト
mozart-g.jpg「Cadogan Hall 9 February 2006」
モーツァルト:交響曲第39、41番 ジョン・エリオット・ガーディナー指揮 イングリッシュ・バロック・ソロイスツ[Soli Deo Gloria SDG501]

 レコ芸の輸入盤試聴記で安田和信氏が紹介していたCD。ガーディナーのモーツァルトってかなり久しぶり。しかも一発録りのライヴ録音とのこと。Monteverdi Productions(Soli Deo Gloria)のサイトでのネット通販専用で3,000枚の限定品ということもあり、買ってみた。
 印象に残ったのは、「ガーディナーの音楽、昔と全然変わってないなー」ということ。演奏自体は一発録りにしては傷がなく正確無比。ジュピター第4楽章は非常に早いテンポ、いかにもノリノリで快調に演奏している。すごい、のだけど…何と言うか、細部をくっきり、レントゲンのように描いていく解釈が、何とも懐かしく感じるのだ。
 例えば同曲のインマゼールの録音を聴いた場合、細部の精緻さ以外に、会場の雰囲気をまるごと飲み込むような分厚い響き、何か香りのようなものがあるのだが、ガーディナーの演奏は、細部一辺倒で香りのようなものがあまり感じられない。最近のピリオド楽器演奏家の演奏を聴きつけていると、無味無臭はちょっと言いすぎなのだけども、何か、あるべきものがそこにないような、それに似たような感じがしてしまう。もはやそこに、この10年、20年に変遷してきたピリオド楽器演奏の歴史のギャップをモロに感じてしまうのは、私だけだろうか。

mozart-i.jpgモーツァルト:後期交響曲集(交響曲第39、40、41番+ファゴット協奏曲)
ジョス・ファン・インマゼール指揮 アニマ・エテルナ[Zig-Zag Territoires KKCC-4364/5(国内盤) ZZT030501(輸入盤)]
関連記事

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/37-ec789417

交響曲・管弦楽曲

Idea Sound Project に器楽のページができました。交響曲・管弦楽曲、協奏曲、現代音楽、バレエ・ダンス、演奏者別、オーケストラ、レーベル別、BOXセット、LIVE盤、室内楽・器楽曲、バロック、教会音楽、作曲家別、指揮者別、J-クラシック、輸入盤、限定盤など器楽が満載で

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

浜松市楽器博物館 2006年の新作CD | BLOG TOP | ペダルチェンバロ、ペダルクラヴィコード、ペダルピアノ ~足鍵盤付きのチェンバロ?


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。