スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/348-f7774477

コメント

私は元々「鶴田最強論」な人でしたが、ジャンボ鶴田選手と試合が咬み合った日本人選手は鶴田選手と三沢選手くらいだったような気がしていました。
三沢選手がエルボー多用しだした頃「ただの痛め技だろが」みたいな声もありましたが充実した試合内容からフィニッシュホールドとしてすっかり認知させましたよね。タイガードライバーでもエメフロでも決まらないしぶとい相手には最後はエルボーみたいな。
受身の天才と呼ばれた方だけに、あのバックドロップ一発ってワケではなく、これまでの不調が蓄積されての事故になってしまったのでしょうね。心労も多かったのは間違いないですもんね。
翌日、インディーズ系の有名レフリーだったテッドタナベさんも逝ってしまわれたそうですね。
本当に残念。

>ガッツ 様
 随分返事が遅れてしまいました。確かに、こちらも鶴田と絡んでた頃の三沢の印象が強いんですよね。福井ではある時期から全日本プロレスの中継がなくなってしまいましたし(投書があって中継をやめたという噂は本当でしょうか?)。マスクを投げ捨てた頃なんかはリアルタイムに毎週深夜中継見てました。ジャンボ鶴田も最後はジャンピングニーって感じで当時は「またかよー」ってみてましたけど、改めて思い返すと、鶴田のジャンピングニーは特別に凄かったんでしょうね。
 NOAHになってから、たまにテレビで見る三沢の迫力には圧倒されるものがありました。たしかに、最近は調子悪そうに首を回してる姿もあったんですよね。残った人達も、志をつないでいってほしい。

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

痛。 | BLOG TOP | 楽美術館の特別鑑賞茶会。(京都市)


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。