スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
”さくら”のお城 ~越前・丸岡城
桜のお城・丸岡城(福井県坂井市) いよいよ福井も桜の季節、花も盛りになってきた。

 日本最古の天守閣・丸岡城(福井県坂井市)が「桜の名所」であることは、結構PRされている割にはあまり知られていないかも。天守閣の存在感ばかりが目立ちすぎる故か、地元の人だけが知っている穴場的スポットといった感じ。天守閣を囲むように桜が林立する様は、まさに「桜のお城」だ。

 この土日はちょうどお城で「さくら祭り」というのをやっていて、お城の周りにも露店が色々出ていた。この辺の桜も見頃になってきましたね~。


 天守閣の中にも300円で入ることができた。せっかくなので久し振りに最上階まで登ってみる。

 内部の階段があの彦根城・犬山城・姫路城といった錚々たる城をも凌駕する程急な上に一段一段の高さも随分高くて、最早手すりではなく上から吊るしたひもにすがって階段を昇り降りするのには改めて苦笑い。



笏谷石の瓦(福井県・丸岡城)
 丸岡城は二層三階のコンパクトな天守閣だが、古いお城だけに見るべきポイントもある。「石の瓦を使っているのが特徴」などとさらっとパンフレットには書いてあるが、何を隠そう全ての瓦には福井県を代表する名石「笏谷石(しゃくだにいし)」が使われている。今にして思えば何とまあ贅沢なお城だこと。ちょっと青みをおびた色味が特徴の石である。

 石垣も、ナチュラルな石をそのまま組み合わせたような風貌が素朴で良い。たしかこういう素朴な石の組み方は、古い時代の石垣の積み方だったはず。


 まつりの会場では、姉妹都市の宮崎県延岡市(以前、ここのお城の殿様が延岡から来ていた)からもお店が出ていて、煙をもうもうとあげながら地鶏の炭火焼を売っていた。1パック700円とちょっと高めながら、歯ごたえのあって、噛めば噛むほど味が出てくる。価格に値するいい鶏を使ってるなーという感じだ。看板にははっきりとは書いてなかったが、流行りの宮崎地鶏というやつかな。素直にうまかった。
関連記事
                

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/340-3011ef8c

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

…ぷはぁ。 | BLOG TOP | 東大寺「お水取り」に行ってきた。[その2]


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。