スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
”川喜田半泥子と人間国宝たち”(福井県立美術館)
川喜田半泥子(かわきた・はんでいし)と人間国宝たち川喜田半泥子と人間国たち
-桃山ルネッサンス 陶芸の近代化-

(福井県立美術館 2009.2.27-3.29)

 素晴らしい。福井県立美術館では5年に一度、10年に一度といったレベルの中身のある展覧会だ。やきもの好きにとっては、だけれども…。こういう展覧会で週末なのに駐車場ががらがらとは何てこったい。

 半泥子のやきものは、写真で見るより実物を見たほうが数段良くみえる。本で半泥子の作品を何点か見た限りでは正直「?」な感じを受けたものだが、実際に実物を観て、現在の展覧会チラシに載っている写真も含め、半泥子の作品のあの写真群はとにかく実物に比して写真写りが悪い(作品が元々写真映えしないのか写真撮影時のライティングに問題があるのか分からんが、とにかく写真写りが良くない)ということに納得いった。やきもの好きは実際に足を運んで、是非その目でしかと見つめてくるべきである。

 今回の展覧会では荒川豊蔵をはじめとした同時代の人間国宝の作品に加え、長次郎の楽茶碗2点などの実際の桃山時代の骨董が数点、朝倉氏遺跡で発掘された陶器なども並んでいたが、圧倒的に面白かったのはやはり半泥子の作品。半泥子以外に印象に残ったのは魯山人の作品が数点と金重陶陽の豪快な備前焼の茶釜に、荒川豊蔵の描いた半泥子の茶会の絵位か。半泥子は他の人間国宝の作家たちと違い、桃山・江戸初期が好みといった骨董好きにも十分楽しめそうな手ごたえのある作品と思う。ボテッとした作りのやきものだけでなく、数は見られなかったが作りの比較的厳しい茶入などもあり、腕も結構確かなようだ。

 半泥子の作品で一番目を引いたのは、やはりチラシにも大きく載っている伊賀水差「慾袋」。実物は、写真で見るような丸っこくて何となく平板なイメージとは違い、微妙に立体的な造形が印象的。肌も写真で見るような何となう滑らかな感じではなく、ちゃんと伊賀らしくゴツゴツしている。前も後ろも360度見回せるショーケースで、色々な角度からじっくり楽しめた。
 同じくチラシに載っている粉引茶碗「雪の曙」も、チラシの写真でみると、正直「こんなものの何が良いのか」という感じだったが、これが実際に立体でみると、いい具合に歪んだ造型感覚が見事なのである。印象的な銘があろうとなかろうと、たしかにいい碗だと感じる。

 カタログに載っていない作品にもいいやつがちらほらとあって、個人的には井戸茶碗「さみだれ」の首周りが太くなった人のような太い高台(藤田美術館所蔵の井戸茶碗「老僧」を思わせる)や、灰釉茶碗「布袋和尚」のような本阿弥光悦その人を思わせるようなまんまるのお茶碗、黒筒茶碗「すず虫」のいい感じの枯れ具合などが印象に残った。
 陶器ばかりでなく書画も少々あったが、そちらのほうは干して干からびた蛸の掛け軸が印象に残ってる位かな。


 この日は3月はじめの週末で、帰りがけに、別の展示室で福井大学書道部の卒業制作展をやっていた。こちらも興味本位で見てみたが、若い人の作品には、漫画「とめはねっ!」(小学館 ヤングサンデーコミックス)の世界そのまんまだなぁ…いまに「人生楽ありゃ苦もあるさ…」なんて書いた作品がでてくるぞーなんて思わせる微笑ましいものがいくつかあって、ふーん今の書道部の雰囲気って実際こういう風なんだーいう感じを受けた一方、院2年の方の卒業制作の源氏物語の散らし書きはさすがに見事。管理人いまだに漢字はもちろんかな文字すら全く読めませんけれど、文字の配置の妙や凛とした雰囲気は伝わってきた気がするよ。
 こういうのは、字は読めなくても、何となく感じるものがある。同じ会場で、賛助作品として和田蒼龍先生という方の散らし書きの作品があって、こちらのほうも何が書いてあるかサッパリ内容は分からなかったけれども、必要最小限の枯れたような筆致にも関わらずなぜか教科書で見たラスコーやアルタミラの壁画を思わせるようなプリミティヴな迫力を感じさせるところがあって(見た目が乱暴とか粗雑とか書なのでは全くなくて、むしろそれとは真反対、空気のように自由な雰囲気のする純日本風の枯れたかな文字の書にもかかわらず、確実にそういう風に感じさせる雰囲気があるのが凄い)、さっきの院2年の方の散らし書きとはまた違って書いた人の凄みを感じたような気がする…。
関連記事
                

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/333-fffdcf01

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

…惰眠をむさぼっておりました。 | BLOG TOP | おうちでごはん ~太刀魚を試しに料理してみた。


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。