スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おうちでごはん ~かぶらのまんまる煮。
 ちょっと大きめのかぶらを切らずに丸のまま鍋にいれて、2時間位コトコト煮込んだよ。味付けもシンプル、お塩とダシ用の鶏肉少々のみ。

 お皿に乗っけてみると、何となく肉まんみたい(笑)。

 ゆでたてのほかほかに熱いのをフーフー言いながら楽しむ。

 お箸で簡単に切れるくらい、ふっかふか!
 あったかくてやさしいお味。

 じっくり火を入れたおかげか、甘みがあってふくらみのある味に。

 おそらく、煮込む際にカブを切らないのがポイント。おかげで適当に煮込んでもカブが溶けてなくなったり、ということはないわけだ。

 葉っぱの部分もせっかくなので一緒に煮込んだら十分美味しく食べられたよ。根っこの部分と葉の部分を一度に楽しめるっていうのは、管理人みたいなズボラにはある意味うってつけの材料かも。


 今回は、材料をギュウギュウまで入れすぎた。さすがに蓋をしないと中まで火が通らないだろうと蓋をして煮込んだら、蒸気といっしょに地味に少しずつ吹きこぼれ、レンジまわりが徐々に水びたしに。2時間たってもレンジから溢れるほどまではいかなかったんだけど、調理法にもう少し改善の余地がありそう。

 後日蓋なしで煮込んでみたら、案の定カブの上のほうだけ火の通りが悪かったし。ほどほどに蓋をするような工夫がいりそう。

 カブがやや透き通って見えるようになったくらいで調理完了。カブにお箸を入れた時に皮の繊維質な感じが残ってうまく切れないようなら、もう少し火を通す必要あり。
関連記事
                

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/318-539e428d

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

まるかぶり。 | BLOG TOP | 加賀金時焼き芋まん(ローソン)


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。