スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
珍味! 越前ガニの沖漬け ~トロリとした内子の食感の艶めかしさ。
カニの沖漬け「越前 蟹乃醤」 茹でガニでも格別に旨い、セイコガニ(ズワイガニのメス)の「内子」。
 それが、生のようなトロトロの状態でさらに艶めかしい食感と深い味で味わえる…。
 これこそが、この食品の最高の見せ場だろう。

 調理法でいえば「カニの沖漬け」のようなもの、だそうである。「子」とついて分かるように、越前ガニの雌、セイコガニを使用。「越前 蟹乃醤(えちぜん かにのしょう)」という名前で、福井市「初味寿司」さんに、かにの季節限定(11月~1月ごろ)に置いてある。お店の中でも食べられるが、冷凍したやつの持ち帰りやホームページで注文して地方発送も可能。

 …しかし、越前ガニの本場、福井県の方でも、こういう食べ方でカニを食べたことがある方はそうはいらっしゃらないんじゃなかろうか。…何しろ、作るのがとんでもなく難しいらしいのである。最高度に新鮮なカニが必要で、鮮度が少しでも落ちるともうできないそうなので、カニの産地、福井ならではの食べ物ではある。

 鮮度に加えて、調理する際のノウハウも必要なようで、試行錯誤して試行錯誤してようやく完成したという代物だそうだ。漁師さんがマネして作ってみても「どうもうまくできない」と言われたとかいう話だそうだから、えらい代物である。とひあえず変な添加物は一切無添加とのこと。料理人の腕一つで作っているということか。

「蟹之醤」ではありませぬ。蟹「乃」醤。 日本酒との相性は最高!こいつで一杯やる時間といったら…

 ごはんも、これ一口で3杯はいける勢い。一匹を2人で分けて食べても、量的には全く問題ない。

 正真正銘の越前産のカニ(黄色いタグつき)を使用するため、価格のほうも越前ガニの価格そのもの。一匹(一パイ)で、3,000円也。ここのお寿司は並(盛り合わせ)で1,570円。寿司よりカニのほうが高い…

 見た目が最高度に地味ということもあって、正直買うのにはかなり躊躇すると思うけれど、ぜひ、騙されたと思って一度口にしてみてもらいたい。セイコガニの味を良く知っている福井県民にこそ、その真価がよく分かると思います。

 …平たく言えば、ボイルがによりこちらのほうが美味い。

 そのくらい言っても差し支えないと思いますよ、管理人は…
 醤油味がかなり強いので、人によって好みは分かれますけれど。
 ごはんと一緒に食べるか、お酒と合わせるのが食べる際の前提条件。

 写真では見えないけれど、内子の下には脚の肉も入ってますよ。脚の肉も、カニ刺で食べるのとはまた違ったトロッとしたやや熟成感のある風味。

 持ち帰りの場合、解体前の状態で持って帰ることになります。
かにさんです。かにかに。

 せいこがには、金沢のほうでは香箱がに(こうばこがに)、山陰のほうでは勢子がに(せこがに)と呼んだりしますね。ズワイガニの雌って何でこんなに色々な名前が付いてるんでしょね…。

 もちろん、持ち帰りの際はパック詰めで冷凍の状態での持ち帰り(上の写真はパックから出した後、です…)。保存料無添加なので、開封後は当日中に食べてください、とのこと。


 …さて、ここでもう一つの難関である。

 持ち帰りの場合、このカニを自分で解体することになるのだ。

 お店のウェブサイトにさばき方の説明が載っていることは載っているし、同じ内容を印刷した説明書をお店でももらえる訳だが、この説明書き、写真が小さすぎて細部がよく分かんなくって、自分でさばけるかどうか、買うとき自身が持てないんだよね…

 …という訳でだ。今回、実際に家で蟹乃醤をさばいてみた体験談を、高精細な画像を付けて近日中にアップしようと思っている訳だが、今日はもう時間切れ。見たい人は適当に日を空けてぼちぼちとまた見に来てもらえば適当にでき上がっているんではないかと。

(2008/12/16追記)
 で、先のように行っていた体験談をようやくアップしました。
 こっちも見てみようという方は、こちらへ。
 →体験記 ~ 実録、「越前 蟹乃醤を自宅でさばく」の巻。
関連記事
                

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/293-4ef2cf89

コメント

お~~初めて見ましたよ。
確かに蟹の沖漬け状態ですね~

ほんまに旨そうです。食べてみたい!

でも塩辛いものがあまり得意ではないので、(イカは好きでも沖漬けはあまり…)
美味しいと思えるかちょっと微妙かも…。

でも気になる~

>あぶらがに 様
 こんばんは。ここしばらく、何となく帰ったらまっすぐベッドにバタンキューという日が続いて回答が随分遅れてしまいました。塩分は確かにかなり入っていると思うんますが、完全に佃煮佃煮した味でもなく感覚的には「ごはんですよ」と同じ位、食べ続けると後味にやや塩辛さを感じてくるかなといったイメージでしょうか。見た目も含め、好みが分かれる所はあるでしょうね。でも、ほんの少し味わうだけでも味わいの深さは堪能できますし(その際、ご飯があるなら絶対にあったほうが良い)、2人で1つだけ試してみるとか、そういう食べ方でまずは様子を見てみるのが良いかもしれません。

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

体験記 ~ 実録、「越前 蟹乃醤を自宅でさばく」の巻。 | BLOG TOP | ストウブのお鍋と電子レンジの比較 ~同じような調理法で、ここまで違うものなのか…


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。