スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
”本しめじ”。 ~香り松茸、味しめじでおなじみ…というのは幻想。本当は幻のキノコ。
ホンシメジ(三重県産) …ホンシメジです。「香り松茸、味しめじ」で語られる、正真正銘のホンシメジ。三重県産。ふらっと入った県外のスーパーでついに発見。感激…。

 "シメジごときで何でこんなに喜ぶのか"って?…いやいや、これは本当に喜ぶべきことなのである。これには色々と複雑な事情がある訳で。

 実は「香り松茸、味しめじ」なーんてみんな分かったようによく語るんだが、この中で語られるシメジは「ホンシメジ」という種類で、実は一般にイメージされるであろうあの小っちゃいキノコとは種類が違うのである。

 このホンシメジ、マツタケと同じく人工栽培が非常に困難で、実は幻の存在のキノコなのである。管理人、実物を見るのは今回が初めて。

 左が「ホンシメジ」、右が最近スーパーでよく見かける「ブナシメジ」。色も大きさも全然違うよ…

 ブナシメジはパッケージを開けると結構生臭いような匂いがするのが少し苦手なんだけれど、ホンシメジのほうはパッケージを開けてもほとんど匂わない。そういう所も違う。

 早速、試しに焼いてみる。
 じわーっとエキスが表面ににじみます。切り口を下にしたらエキスが下に落ちちゃった。もったいない。香りは控えめな感じ。

 焼き上がり。食べてみて、あー確かに”味しめじ”。押し出しは強くないが、上品でふっくらとして、なおかつクセのない風味。良いダシとは聞いていたが、たしかに良いダシにもなりそうだ。そういうお味。それでいてキノコらしさもきちんと感じさせる。これは素晴らしい。歯ごたえもキノコらしい。


 こちらはブナシメジを焼いたもの。比較のためブナシメジも焼いて食べてみたが、改めて違うキノコだと実感。

 ホンシメジ、いいわ~。福井のスーパーにも置いて欲しいです。是非置いてくれ。マジで。


 それにしても、今回、まさかスーパーで見かけるとは。値段も4本で398円とかなりお手頃。…これはもしや、ホンシメジ、養殖に成功しているのか?なんてパッケージをよく見てみると、おぉ…ホンシメジの生えた菌床を誇らしげに手にしている研究者の写真が。どうやら、タカラバイオという会社が菌床栽培を成功させているらしくって、大手メーカーによる全国的な流通など、幻のキノコでなくなる日も遠くないようだ。詳しい説明のあるサイトをいくつかみつけたので、是非参照されたい。
http://www.kanshin.com/keyword/1172965
http://blog.livedoor.jp/spreadeg/archives/50723739.html


<もう一言>

 さらに。今回本やwebの検索などで、事情を改めてひもといてみたのだが…。

 …実はつい最近まで、スーパーの棚で「シメジ」と名付けられて販売されていたものは「ヒラタケ」というそもそもシメジという名前すら付いていない全く別種のキノコだったのである。「ヒラタケ」を「シメジ」と名付けて販売していた、と。

 最近の感覚で考えればこれは偽装もいいところなんだけど、手に入らないよりは…ということか、実にムラ社会的な解決法というか、別種のキノコを「シメジ」と呼ぶ"ならわし"が今まで続いてきたわけである…。さらに事情はややこしくなるが、現在の「ブナシメジ」が「ホンシメジ」と名付けられてスーパーに並んでいた時期まであるらしい。

 おそらく、大多数の方がシメジを思い浮かべるとき、今でもそれはヒラタケの姿に違いないと思う…。売り手のほうも非常に罪なことをしたものだ。ヒラタケのお吸い物だって品のある上品な味。最初からヒラタケとして販売してれば良かったのにね…。
関連記事
                

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/287-fac27359

コメント

ホンシメジはさぞかし美味しいのでしょうね~

最近ではハタケシメジが量産化に成功して、雪国まいたけから「丹波しめじ」の名前で出てますが、ブナシメジよりは圧倒的に美味しいと思います。

こちらは150円くらいで買えますので、十分代用品になるかと思いますよ。
ただしスーパーによって置いてあるところとないところがありますが…。

>あぶらがに 様
 ハタケシメジ、スーパーでは見かけるんですが、ブナシメジとの違いが見た目の上ではあまり良く分からないし、なんとなく手を出せず…という状況でした(キノコのメーカー、ハタケシメジに限らずちゃんとパッケージで具体的に味の特徴をアピールしてくれ…ハタケシメジでいえば「ホンシメジに品種的に近い」ってだけじゃどんな味か良く分からん)。たしかに、何だかブナシメジより美味しそうな色してるんですよね。やっぱりブナシメジより美味しいんですね。買ってみる気になりました。

 ホンシメジ、今回食べるのが始めてですから天然物の味は分かりませんが、菌床栽培でもいい味になってると思います。雪国まいたけやホクトが量産を検討しているみたいですし、マイタケのように日常の食卓にのぼるのも目の前という感じです。有難いです。

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

おうちでごはん ~本しめじの炊き込みご飯。 | BLOG TOP | おうちでごはん ~牛すじの煮込み。


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。