スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印 (ニンテンドーDS)、とりあえずクリアまで到達。
 ふ~、最新作のドラキュラ、とりあえずエンディングに到達。今作は若干落ち着いたシックな雰囲気が全体的に好みではある。

 今回の作品、ボス戦の難易度がかなり高くなっていて、それはもう大変。パターンをきちんと読まないと避けられないような攻撃で、2~3発食らったらすでに瀕死という半端じゃないダメージ設定。

 やられながら少しづつ攻略パターンを組んでいくような仕様になっていて、ボス戦の部分はもうほぼ通常のアクションゲームという感覚。それはそれでサッパリしていて良かったんではないかなあと。原点回帰という感じで。

BGMは今回は少しさっぱりめの曲が多めだけれども、マニエリスティック&プログレ路線な山根ミチル氏のBGMも一部では健在で、印象に残る曲もそれなりにある。


 クリア後は、毎度のごとくサウンドテストモードが解禁に。このシリーズ、こうやってじっくりBGMを聞き返すのが毎回結構な楽しみだ。

 …それにしても、ゲーム中は気にならなかったけど、サウンドテストで改めてイヤホンで聴いてみると、今回はどうやらBGMに充てる容量が随分削減されているんではないかしら。グラフィックが豪華だったりセリフが割と大目だったりとかでね。前作の「ギャラリー・オブ・ラビリンス」では(古代祐三氏が作曲に参加してたこともあってか?)音質が相当良かった印象があったけれど、今回は弦の音色といい低音の貧弱さといい…。1曲の長さがまた随分短いんだ(泣)。

 …なるほどねえ。ステージのBGMは割と目鼻立ちのはっきりしたような曲が多かったし、ボス戦の曲なんかはアイデア勝負というか、ちょっと変化球みたいな感じのやつも割とあったしね…。ここまで仕上げるには随分苦労があったろうね。昔ながらの職人技のようなものを感じるというか。
関連記事
                

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/285-6b984e3a

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

おうちでごはん ~牛すじの煮込み。 | BLOG TOP | ストウブのお鍋を購入。


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。