スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストウブのお鍋を購入。
ストウブ ピコ・ココット 16cm いずれ購入することにはなるのかな、と思っていたけれど…先日ついに買ってしまいました。フランス製、ストウブ(staub)の鋳物のホーロー鍋。

 管理人は16cmの小さめのやつを購入。手ごろなサイズで気軽に煮込み料理をやってみたくって。小さいサイズだと価格も何とか手頃になってくるしね。

 16cmのお鍋は、きちんと計ってみると内部の口径が15.3~15.4cmくらい。深さは8.5cm、ちょっと背が高いデザインて、20cmのお鍋に比べると何だか間の抜けた格好という気もしないではないが、その分容量は1.5リットル。小さい割には結構余裕がある。IHにもちゃんと対応。うちはガスコンロだけど。

ストウブのお鍋で作ったポトフ ポトフを試しに作ってみました。定番ですね。30分くらい弱火でコトコトした後、蓋をして余熱で30分くらい保温調理したところ。

 噂には聞いていたけれど、火の通りの良さはさすが。消えそうな弱火でも、鍋の上のほうや内部のほうまできちんと熱が入ります。アスパラの内部まできちんと火が入っていて、食べるとホックリとした食感。うちでこれが楽しめるのはかなりうれしい。
 ポトフといったらキャベツ。小さい鍋だけど、今回はお試しなのでちゃんとキャベツも入れてみたよ。キャベツの甘みもきちんと引き出されてます。高いお買い物だけれど、いい買い物したなーと実感。これから色々楽しく過ごせそう。


 ストウブを買うときやっぱりル・クレーゼとどちらにしようか迷った。ル・クレーゼも興味があったけれど、ストウブは凹凸をつけた内部のホーロー加工とか、ちょっとダッチオーブンっぽいデザインで蒸し焼きとかも楽しめそうな感じだったし、今回はなんとなくストウブのほうに。

 気になる点を一つ挙げるとすれば、ストウブのお鍋、蓋と鍋本体の接点の部分の処理が甘いんですよね。5~6箇所、ホーローが掛かっていない部分がある。説明書きを見るとこれは製法上の「仕様」なんだそうだけど、ル・クレーゼの鍋はそんなことないのにね。で、その部分はそれなりに後処理もしてあるんだけど、その後処理も少し雑。手で触るとちょっとささくれた感じがする。ほんの少しだがそこから金属くさい香りもするし、多少気をつけて管理しないとそこから錆が出る心配もあるかもね(?)。通販で割安なものを購入したせいもあるのかな。やきものと同様、お鍋も実際に手で触って買わないと分からないことも多いなあと感じた次第。まあとにかく、まずはこのお鍋を使い倒して鋳物ホーロー鍋の使い心地を色々試してみようかと。
関連記事
                

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/284-9507b751

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印 (ニンテンドーDS)、とりあえずクリアまで到達。 | BLOG TOP | おうちでごはん ~黒豆ごはん。


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。