スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドイツワイン散策[3] ~鷲のマークの、あのワイン。
クロスター・エーバーバッハ シュタインベルガー リースリング カビネット 2004

 本などでドイツワインを探しているとよく見かける「ワシ」のラベルの例のワイン。
 …これがねぇ、旨かったんだわ。フランスやカリフォルニアの白ワインとは随分飲んだ印象が違う。チリチリとした嫌な辛さが全くないのが良い。

 ドイツでもモーゼルと並ぶワインの中心的産地、ラインガウ地域の銘醸、クロスター・エーバーバッハ国立醸造所のカビネットクラスの白ワイン。この醸造所が「カビネット」という言葉の生みの親になった、という位のメジャーどころ。…ワインの質もちゃんと名前負けしていないのが素晴らしい。

 カビネットクラスというのはもっと辛口かという記憶が残っていたけれど、このお酒は「甘!」と感じるくらいの甘味。日本酒度でいうと軽くマイナス10~20辺りはあるのではないか、という位。そういえば管理人、ちゃんとした醸造所のカビネットって口にしたの初めてかも。

 しかしこの甘さが悪くない。ブドウの果実っぽさを非常に色濃く感じるフルーティーでみずみずしいワインの個性とても良く合っていて、むしろ飲んでいて非常に心地良かった。なおかつ、これだけの甘み・酸味を感じさせつつも、それだけに陥らない立体的な、厚みのあるエレガントな味わいがある。このあたりはさすがは銘醸ワイン。もう一杯飲みたい!と自然に思わせる素敵なワインだったよ!


 今回のワインは滋賀県安土町のドイツワインのお店、ミゾイ酒店で入手。3,360円。手近なお店ではなかなか見ないラベルだなーと思って購入したんだけど、そういうのに限って、購入後に福井西武をはじめ他の福井のお店でも意外にちらほらと見つけたりする。よくあるよねぇ…。

 この鷲のマーク、"国立~"とか、公設か何かの醸造所が使っている共通のマークみたい。どおりで同じようなマークをちらほらと見かけるわけだ。

eberbach-kab03.jpg こちらは、後日入手したデザイン変更前のラベルのシュタインベルガー(1997年)。こちらの鷲のほうが「見たことある!」って人が多いかも。
関連記事
                

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/265-e09e26df

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

ジャルダン (フレンチ) 福井市 ~やはり、さすがです。 | BLOG TOP | ふんわり名人 たまご味 (越後製菓)


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。