スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リヴァロ(ウォッシュチーズ)
 ついに一区切りがついたという「美味しんぼ」の102巻を読んだ。何はともあれ一区切りということで、当ブログでも美味しんぼ企画。単行本第5巻と第73巻に出てくる臭いチーズ「リバロ」を食べてみたという話。実はリヴァロを食べたのは今から一年くらい前。単に今まで記事にしそびれてただけだったりする…

livarot01.jpg で、こちらが件のリヴァロ。京都三条の明治屋ストアーで購入。2,400円位。高っ…
※いつも店頭に並んでいるわけではないみたいで、後日もう一度見に行ってみたらもう店頭に並んでいなかった。

 持ち帰るときは、袋を2重にして口はがっちり2重丸結び。でも電車の中でほんのり匂いが漂ってきます…

 家に帰って開けたらやっぱりさあ大変。以前鮒寿司を食べたときのような香りが部屋中に充満します…

 包装を開けると、紙テープのような紐が5本、チーズに巻きつけられている。チーズの型崩れを防ぐための措置らしいが、開けてるときはこの匂いをできるだけ長く味わわせる為の手の込んだ障害にしか思えなくて写真も撮らず(笑)。後で調べたらあれがリヴァロのトレードマークになっているみたい。

 ともあれ、全貌を現したオレンジ色の物体。風格ですな。


 これだけの奴と対峙するに当たって、こちらも丸腰という訳にはいかない。目には目を、歯には歯をということで、あらゆるパンの中でも最重量の部類に位置するであろうドイツのライ麦100%のパン「プンパーニッケル」を合わせてみた。同じ明治屋ストアーで購入、500円位。


 さらに飲物もこれに対抗できるものを、ということで今回はカルヴァドスを用意。チーズと同じフランスの飲み物だしね。(…胃腸の消毒も兼ねている??)

 こうしている間にも部屋の匂いは刻々と深刻さを増しているが、とにかく準備は万端。いざ、いただきまーす!


 あらぁ、味のほうは意外に美味いじゃない。皮のほうは苦味があるけれど、中の方はカマンベールに随分良く似ていて柔らか、まろやかな味。

 読みどおり、プンパーニッケルとの組み合わせは大正解。カルヴァドスも適当に選んだ割にはうまく口の中をリフレッシュしてくれる。

 …ただ、やはり食後は大変(部屋の香りが)。食べているうちに一応慣れるといえば慣れるんですけどね。何か、それだったらカマンベールを食べたほうが随分楽なんじゃない?と言われると、個人的には何の反論もできない…そんな感じ。何か魅力があるからこそ今まで残っているチーズなんでしょう、興味ある方はそれなりの覚悟の上でお試しを。
関連記事
                

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/263-a06ccbd4

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

ドイツワイン散策[2] ~「フランケンワイン」 :落ち着いた香りと豊かな味わい。 | BLOG TOP | ”吉川ナス”食べた!


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。