スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
建仁寺 祇園丸山 (日本料理) 京都市
建仁寺 祇園丸山(京都市) …やっぱりいいね、京都って。この日は素敵な素敵な思い出になりました。

 茶室(少人数用のお部屋)でお料理を頂いたんだけど、このシチュエーションが想像以上にお料理を食べる歓びをふくらませてくれます。お店の方の対応も食べる側をほっとさせてくれて、気分良くお料理を楽しませてくれるような配慮が随所にあって良かった。昨年12月初め頃の思い出。

 最初に食前酒を軽く頂いた後、運ばれてきたのは”朴葉焼き”。
 運ばれてくるときから「パチパチ…」と、音で耳を楽しませてくれる。そして朴葉とお肉の香ばしい香りに、紅葉の名残を楽しませてくれるちょっとした飾り。最初から「あ、いい店来たな」と感じさせる。


 向付。小しび(メジマグロ)、鯛、北寄貝。
 北寄貝、旨みはちゃんとあるのに臭みは一切ないのが素敵だった。

 お碗は甘鯛(グジ)。
 一口吸うとやわらかな品の良い口当たりだけれども、ダシの存在感が陰でしっかり下支えしている感じ。いいねえ。

 焼物はエボダイ(イボダイ)。
 身の部分が頭や骨から切り離されて出てくるので、一見骨は飾りかのようにも見えるけれど、「骨まで全部食べられますよ~」との話。言葉どおり骨のほうもきちんと火が通っていて、カリッと香ばしい。1匹の魚で色々な味を楽しませる趣向。なかなか。

 炊き合わせ。中身何だったっけ(泣)。半年以上経っていると記憶が薄れて…。地味だけど素材の持ち味が活きるよう丁寧に調理してあるな、という印象だけは鮮明に残ってます。

 八寸。中央奥の柿の中に入っているのは、くり抜いた柿と白きくらげとトンブリ。味も食感も様々感じられて、不思議な面白い一品だった。柿の印象が強すぎて他の印象が残ってない(泣)。あらためて写真を見ると雲子(だだみ)とかもあるみたい。

 陶器のお釜(土鍋)で炊いたご飯。小柱の炊き込みご飯だったかな?ほんのりとした味付けで何杯でも入る感じ。一緒に出てくる香の物、素材の味が良く分かる品のよい塩加減。京都の漬物ってこれだから大好き。薄めの味付けだが漬け具合そのものはしっかりしているらしい。



 水物と最後に抹茶(お薄)をいただいて、おしまい。最後まで非常にいい雰囲気でお料理をいただけた。薄茶を頂いていたら丸山嘉桜氏ご本人が出てこられたので、”美味しかったです~”などとお礼を言わせてもらった。ご本人、ちゃんとお店に出てらっしゃるんだねー。

 お料理は全体的に素材感を大事にした"京料理らしさ"を全面に感じさせて、かつ見た目の華やかさや季節感もハズしていない。伝統重視の方だと"昔は牛肉なんて使わなかったもんですよ"なんておっしゃる方もいらっしゃって、そういう料理を地味ながらもコツコツと作り続けるお店が確実に京都に存在するのも事実。しかし、京料理らしく、かつ万人受けもするこのお店のお料理、京都の顔にふさわしい横綱相撲で、特に普段京都にあまり馴染みがない方には最初の体験としては最高の体験になるんではないかなあと思います。

 お値段は料理15,000円に税・サービス料を加えて計18,500円(お酒なし)。額面だけ見れば結構な金額と思われるかも知れないが、食べた直後の正直な感想だが、この値段、本当に全く惜しくなかった。…代わりに得られるのが「一生の思い出」ですからね。こういう機会は何度あるだろうと考えれば、こういう経験、できてよかったなーと思いますよ。


※祇園丸山はお店が2件あって、

・建仁寺入口近くのお店(京都市東山区建仁寺正門東入南側 )と
・祇園町南側のお店[四条通そば]のお店(京都市東山区祇園町南側570-171)
があります。どちらが本店だとかいう区別はあまりなさそう。

 祇園町南側のお店のほうはカウンターがあって一人でも入りやすいけれど、カウンターで食べるよりお部屋で食べるほうが何倍も素敵な体験ができるので、お部屋で食べるほうをおすすめします。カウンターに入ってもサービス料は同じだし。ちなみに、管理人が今回行ったのは建仁寺のほう。
関連記事
                

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/258-b1008d18

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

鮨 水谷 (東京都 銀座) | BLOG TOP | この時期に「初音ミク」ネタに引っかかるとは思わなんだ(笑)


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。