スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
縁(くずし懐石 縁) 京都市 今出川
 お店の趣向、ご主人の人柄、ともども非常に面白いお店。ご主人は非常に個性的で、接客もやや独特にひねった感じで、人によって合うかそうでないか。行った人によって来店後の感想が大きく分かれそうな感じだが、個人的には割合好ましい。そういう個性はともかく、料理に対する姿勢には大いに感服するところがあって、この人、どこまでの高みを視線の先に見ているのだろうと思わせる所がある。今の福井では、悔しいが想像さえおぼつかないであろう位の高みを。

 ここで色々語るより、このお店は実際に行って体験してみるのが一番だろう。烏丸御池のあたりにあったらしい移転前のお店には行ったことがないので分からないが、以前このお店が紹介されるとき金太郎飴のようによく取り上げられた「懐石料理に西洋の風を持ち込みました」なんて感じから連想されるチャラついたお店では全くなかった。

 まっとうな食材を丁寧に料理する。心遣いは、さり気なく自然に表れる。当たり前のことを当たり前にこなす、言うのは簡単だがこれがいかに素晴らしいことかと再認識させられるお店。


 これだけじゃさすがに何のお店か分からないので、とっかかりを一つ。このお店のお料理、まぎれもなく「懐石」である。ご主人がどう思っているのがは知らないが、漢字の用字法から言ってもこのお店、管理人は迷いなく「懐石」と感じる。ガチガチの形式論者には分からないかもしれないが(笑)。

 まずは色々ゴタクなしで先入観なしにお料理を味わってほしいとの考え方のようで、こちらが興味を示したものにしか解説をしてくれないため、楽しめる方にしか楽しめないお店かもしれないが、管理人は楽しませていただいた。とりあえず移転後の今出川のお店を見る限り、ご主人がやりたいことを今まさにやっているという感じだ。

 お昼の価格は3,150円(税込)、5,250円(税込)。夜はこれよりかさむが、お店の内容から考えればそんなでもないはず。お昼の価格は他の京都の有名和食店に比べリーズナブルな感もあるが、値段で判断せず一度行って見るのはいかが。祇園や先斗町あたりの、観光客を意識して大なり小なりアレンジされた京料理を頂くより充実した時を楽しめるのではないか。

 …お料理以外のことも、色々と目を磨いてから行ったほうがいいかもね。

またの名は「ねこや」さんです。ふふふ…京都市上京区烏丸通一条下ル龍前町589
12:00-14:00 18:00-21:00(要予約)
定休:木曜、最終水曜
関連記事
                

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/250-1ef857d0

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

ルノワール+ルノワール展 (京都国立近代美術館) | BLOG TOP | ケンタッキーの"ボンレスチキン"…


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。