スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラーメン来来亭の本店(滋賀県野洲市)に行ってきた。
 前々からずっと気にかかっていたことではある。ネットなどで来来亭に数々贈られている、無視できない位多くの賛辞の数々。
 福井で食べていて、「普通に美味しいラーメンだけど、この異常な高評価は何だろう?」と、やや怪訝な思いにかられていたのが正直な所ではある。

 今回、本店に行って疑問が氷解した。ごめん、福井の来来亭も普通に美味しいけれど、本店は誰もがハッとするような、「これはなかなかやるな」と思わせる味だわ。

 見た目は何の変哲もない「来来亭」のラーメンだが、スープのひときわクリアな感じ。コシのある、しなやかで生き生きした麺の感じ。いわゆる京都の背脂ラーメンをベースにしながらまたちょっと違った、それぞれのパーツの個性をやや強調した独自の魅力を持つラーメンであることが良く分かる。

 なるほど世間の評価はやっぱり妥当だわ。一体何が違うのかねえ。同じような内装(本店すら、何とパチンコ屋の敷地内にある)、同じようなラーメンに見えるんだけどねぇ。

滋賀県野洲市妙光寺290
11:00-24:00 無休
※パチンコ屋という立地条件だけに隣の喫煙率が高くて、人がラーメンをすすろうとするときに隣のタバコの煙が流れてくるのはちょっと勘弁なんですがね。
関連記事

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/239-a3734eed

コメント

来来亭のラーメンいいですね

写真も良く撮れてて美味しそうです(^-^)

>ラーメンマニア 様
 お店によって味が違うというのは、どこのチェーンも多かれ少なかれあるんでしょうけどね。野洲本店のラーメン、久々に目からウロコが落ちる思いでした。

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

ヘンデル「チェンバロ組曲第1巻/第2巻(全曲)」 ~チェンバロの醍醐味、久々に味わった気がする… | BLOG TOP | 「emo」を試してみる。


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。