スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レストラン 朱雀[すじゃく] (ステーキ/和・洋食) 福井県坂井市 ~レアステーキは"あこがれの食べ物"。
レストラン 朱雀(福井県坂井市)
 いつかはレストランで分厚いステーキをひとりじめ!
 長い人生、一度はそういうこともやってみたい!!

 子供の頃、そういう憧れを持っていた人は少なくないのではないだろうか。

 だが人生とは皮肉なもので、経済的にようやくそういうことが何とかなるようになってきても、様々な事情で実際にステーキにありつけるような機会は案外ないのではなかろうか。

 齢を重ねるにつれ脂っこいものや大量の肉があまり口に入らなくなってくるとか、一生懸命仕事に没頭するあまり、そもそもそういうレストランとは縁がないものと思い込んでしまっているとか。

 そういう意味で、ステーキというのは原始時代系統のマンガによくでてくるあの骨付き肉(マンガ肉)とおなじような「夢」の食べ物という個人的イメージがある。上質なお肉を、上質さがよく分かる「レアステーキ」で楽しみたいという憧れ…。

 しかし、幸せというのは往々にしてふと気が付いてみると案外自分のすぐそばにいつもあったりするものだというのはよく語られるところ。夢だ夢だと思っていたことが案外身近なところでかなうことが本当にある、そんなことを思わせてくれた、地元の福井県坂井市のお店。

 最高級のお肉の分厚いステーキ。あこがれの料理は価格的なハードルもあるけれども、それでもあこがれの割には比較的リーズナブルな価格で味わえるのがうれしい。つけあわせの野菜はいかにも既製品って感じなのに、肉だけは本気で凄えという意表を突かれるお店。


su-jyaku2.jpg「ステーキ定食」 4,200円

 最上質の若狭牛のフィレ肉のステーキに、ご飯・味噌汁・サラダのセット。焼き具合はレアで注文。焼肉でも何でも、高いお肉はレア気味のほうが肉の旨みがよく分かる。管理人の実感するところ。

 ステーキは小ぶりだが、厚みはじゅうぶん。きちんと計ってないが2センチ位はありそう。若狭牛の肉質は最高。レアで頼むとマグロのトロのように口の中で溶けるかのような印象(たしか、A5ランクの若狭牛という説明がメニューにあったような。)。レアというのは決して中身が生の肉のことをいうのではなくてある程度火が通っているもの。完全な生ではこの口の中で溶ける感覚は楽しめないだろう。さすがよくわかっていらっしゃる。

※とはいえ、レアで注文すると肉の中心部がぬるいというかひやっとした感じがするのも確か。ミディアムレア位で頼んだほうが安定して美味しくいただけそうだなと思ったりもする。この辺は各自の好みと気分で考えていただければ。

※世の中、探せば千円そこそこでステーキが食べられるお店があるのも事実。しかし、だ。個人的な感想だが、牛肉というのは比較的正直な素材らしく、かけた費用に応じて同じ牛肉でもその内容にかなり明確に差が出るようだ。安いものには理由があるのと同じく、高いものにも理由がある。一読して”高っけー”と思った人はちょっと頭においてみても良いかもしれない。安価な肉をレアで食べても上記のようにとろける食感は得られず、無駄に生っぽくなるだけだ。安価な肉には安価な肉なりの楽しみ方がある(牛丼あたりその典型例だと思うが)。

 ステーキだけを食べたいなら5,000円でドーンと最高の肉を170g、というメニューもあるけれど、個人的には肉の分量としてはこの定食位がちょうど良い。ご飯といっしょに箸で気兼ねなく食べられるというのも良い。これ以上食べるとお腹がもたれそう。このへんの分量の適切さ、やや脂っこいものが苦手になってきた人間には逆にありがたいところ。

su-jyaku4.jpg福井県坂井市坂井町下兵庫252-14
10:00-21:00
定休:水曜
レストラン朱雀のホームページ

su-jyaku3.jpg※ホームページに「京風レストラン」と銘打ってあるが、一番目立つ部屋の内装は完全に洋風レストラン(和室や座敷もあって会席料理も出るみたい)。京風という割に和食の一番人気のメニューがエビフライのように見えるんですが、そのへんはご愛嬌か(笑)
関連記事
                

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/228-8d242506

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

ブリュッヘンの「ショパン/ピアノ協奏曲」 | BLOG TOP | 移転後のQueue(フレンチ)に行ってきた。


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。