スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
移転後のQueue(フレンチ)に行ってきた。
レストラン クゥ(福井市) 福井市の「レストラン クゥ」が移転したという話は、グルメ福井で紹介されたこともあって、知っている人は知っているんじゃないだろうか。

 店舗は、以前のビルの一室から一軒家になった。新装オープンに伴いコースの価格が若干上昇、メニュー構成もコース主体にややシフトした様子で、スタンスが若干変更している。コースは一番安いのは2,850円位(デザートは追加で別料金)。メニューが選べるのは3,400円のコース(前菜、メイン一皿づつ+パン、コーヒー/紅茶。デザートは追加で別料金)から。お店の内装は一応以前の雰囲気を受け継いでいるが、カウンターと厨房の仕切りがほぼなくなり、カウンターから調理の様子がよく見えるようになった。売りの薪窯もカウンターの正面に据えられ、中までよく見渡せる。他のお客さんが注文していたポトフ、つくる様子見てるだけで美味しそうだった~。

 なお、(管理人はタバコを吸わないのでこの変化はどちらかというとありがたいほうだが)以前時折見られた「夜遅くにコーヒーでも飲みながらタバコをプカプカ」というのは場違い感が強くなったかも。そういうくだけた食事を楽しみたい方は、「ブラッスリー マレンゴ」というお店が同じ敷地内、すぐ隣にあって、こちらは外見を見る上では価格も雰囲気もややくだけた感じなので、どうもそちらでということだろうか。このあたりはもう片方のお店にも行ってみないとよく分からない。

 かんじんのお料理のほうだが、こちらは素晴らしい。以前から変わらず安定している。本日は夜の3,400円のコース。


 前菜は「牛ハチノスのこんがり焼き(ソテー)」を選択。
 薪窯でよーく焼かれたトリップ(牛ハチノス)は、噛めば噛むほどいい味がジワ~っと出でくる。ややクセのある素材だが、好きな人にはたまらないだろう。ポテトだのベーコンだの他の具材も盛られており、結構ガッツリしている。

 前菜とメインの間に「本日の一品」というのがあって、これが結構面白かった。日によって違うだろう。かわいらしい分量だが内容はなかなか。その日になってのお楽しみ。

 メインは「ホロホロ鳥のガランティーヌ ポーチドエッグとキャベツのプレゼ」を選択。玉子にナイフを入れると、期待とおり黄身がトロトロと。黄身が絡む先は薪窯で焼いた鳥の肉と柔らかく煮た甘いキャベツ。磐石の組み合わせ。ここまででお腹は十分にふくれる。食品の物価上昇が続くこのご時世、3千円台でこれだけ楽しめるお店があるのは多分とても有難いこと。


福井市高柳町20-15-1(サークルKの裏手をちょっと入った近辺)
11:30-14:00 18:00-22:00
定休:月曜
関連記事
                

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/226-839b8c9f

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

レストラン 朱雀[すじゃく] (ステーキ/和・洋食) 福井県坂井市 ~レアステーキは"あこがれの食べ物"。 | BLOG TOP | 本年のGW雑感。


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。