スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あつた蓬莱軒 本店「蓬莱陣屋」 (ひつまぶし、うなぎ料理) 名古屋市
 さて、奇食の館オフ会の後の夕食のお話。
 奇食オフ会の後だし、続けざまに夜も名古屋で「ひつまぶし丼アイス」あたりいってみようかとも思ったが、そういえば管理人、まだ名古屋で本場のちゃんとしたひつまぶしを食べたことがない。

あつた蓬莱軒(名古屋市) お昼で全力を使い果たしたこともあったし、アイスはまたの機会、本物の「ひつまぶし」を頂くことにした。せっかくなので、お店も熱田神宮そば、ひつまぶし発祥のお店「あつた蓬莱軒」の本店と気合を入れてみた。
 名古屋高速ができた今、熱田神宮のあたりも岐阜から車でチョチョイのチョイ。便利な世の中になったもんだ(ガソリン代は高くなるばかりだが…)。ただし車が若干進入しづらいお店の立地で進入にはかなり気を遣った。

 かなりの人気店のようで、お店の駐車場は管理人が駐車した開店15分後位でちょうど満杯。以後も客がぞろぞろと。タイミング良かった。お店の外観はそれなりに風格があるけれども、中は旅館のような気楽さがあり、若者でも特に遠慮なく楽しめる感じ。

「ひつまぶし」(あつた蓬莱軒) ひつまぶしは1人前2,520円、ちょっと構える価格だが、小さい茶碗に軽く盛って4杯分というご飯の量は決して少なくはない。やはりうなぎには細かく切れ目が入っている。

 ひつまぶしというと食べ方が必ず話題にされるところだが、メニューに食べ方が大文字で分かりやすく解説してあり心配無用。だれもが隅々までひつまぶしを楽しめる。

名古屋市熱田区神戸町503番地
11:30-14:00 16:30-20:30
定休:月曜(祭日の場合営業)
(※支店は営業時間・定休日が上記とは異なる)


 1杯目は、うなぎご飯をそのままで。


 2杯目はわさび・ねぎ・のりの薬味をかけて。薬味をかけたほうがうなぎの味が引き立つことに改めて気付かされる。


 3杯目は、薬味にだし汁をかけ、お茶漬けのように。うなぎのたれがダシ全体に行き渡ってちょうと良い味の加減に。さっぱり、さらさらといける。この日はお昼が最重量だったこともあってか、3つめが一番よかった。最後に残ったもう1杯分のうなぎご飯もだしをかけてさらさらと頂く。
 こういう風に、1つのメニューで色々楽しめるというのはなるほど楽しい。ごちそうさまでした!



 …というわけだが、この後、先の記事でちょっとふれたように、シュール様はこのウナギすら掻き分け、夜半までお腹で存在感を放ち続けていたのである。シュール様おそるべし…
関連記事
                

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/215-c4e269ad

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

愛知県陶磁資料館 -猿投って、いいなあ。(2008.1) | BLOG TOP | 奇食の館 シュールストレミングを優雅に食べる会 (2008.3.22)


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。