スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
細川護煕 楽三十盌展 (2007.11 京都市)
 犬も歩けば棒に当たる。色々出歩いていると、たまにはこういう珍しいことに出くわす機会もある。元首相の細川護煕氏、政界引退後は陶芸をされているとテレビで見たことはあったが、こうして実際に作品に触れるような機会を得ようとは思ってもみなかった。

 ちょうど京都御所の一般公開の時期と重なることもあって、この日は京都御所も見物。特異な体験が続く印象的な一日になった。


 政界引退、陶芸の世界に入ってからもう10年くらい。細川氏の作品、楽茶碗にしろ井戸茶碗にしろ、さすがに素人の趣味レベルとは一線を画している。細川氏の楽茶碗、高貴な人の作品らしいというか、全体的にゆったりとしたおおらかな作風が印象に残っており、あくまで素人の勘だがこの人けっこうやるなあ、10年後とかもっともっと凄くなってるんじゃないか?という印象。この日の展示は黒楽、赤楽、白楽の茶碗や茶入がメインだったが、お得意の井戸や斗々屋の茶碗も2つ3つ置いてあった。井戸の印象もおおらか。正直でウソがない雰囲気が何かいいなあ。

 茶碗を見ていたら、何と細川護煕氏ご本人が会場に!会場で販売されていた展覧会の図録に皆が記念にサインしてもらっていた。管理人も便乗、図録にサインを頂き、一言二言だが言葉を交わさせて頂いた。日本新党とか、政治家の時代にテレビで見ていた頃と比べかなり柔和な感じになっていた細川氏の顔。自分のやりたいことに打ち込めている、そんな印象か…?今でも印象に残る、貴重な一日。
関連記事
                

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/205-72a3be1e

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

山仁[やまに] (かに料理/魚料理) 福井市 | BLOG TOP | モーツァルトイヤー、個人的拾いものCD。って今更かい。


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。