スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬の伝統野菜 ~料理だけでなく、素材にも目を向けてみよう
 地域の伝統野菜って面白い。
 見た目は普通の野菜とあまり変わらないのにね。でも中身は結構違う。そこが面白い。
 近所で売ってたら、使わない手はないゾ。

加賀レンコン秋~冬が旬の加賀野菜、「加賀れんこん」。

 見た目は何の変哲もない只のレンコン。
 でもね、これがいつも食べてる奴と全然違う。
 煮るとね、ホクホクしておイモみたいな食感(!)
 レンコン臭さもあまりなく
 (゜Д゜)ウマー♪(懐。)

 ワイプラザや福井西武で見かけたので、興味があったらまずは買ってみましょ!写真のパックで500円弱。「加賀野菜」のシールが貼ってあるやつ。


 こちらは福井ではちょっと入手困難かもしれない。
 聞いたことは結構あるのでは。冬の京野菜「堀川ごぼう」。京都の錦小路市場で初めて買ってみた。

 通常市販されているごぼうよりかなり太め。写真のやつは太さ直径3、4cmくらい。長さは普通のごぼうと同じ。1本1,300円、高…。しかし、近くの店にはもっと立派なやつが2,980円で販売されていた…

 堀川ごぼう、ただ太いだけのごぼうではなく、煮るととっても柔らかくなる。歯の弱いお年寄りでも安心して食べられるので、そういうお宅には非常に良いのではないか。クセはあまりないがごぼうの味はちゃんとする、上品な食べ物。なお、ごぼうの中心にはチクワ状に穴が開いているので、詰め物をしたりするのにも良いようだ。
 京都の野菜売場に出没するのは年末ごろの様子。おせち料理にも使いみちがありそうな、たしかに面白い食材。福井とかにも何かの拍子で流通してこないものか。
関連記事
                

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/194-3d736f47

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

こっそり追加メモ。 | BLOG TOP | 一保堂茶舗(京都市中京区) ~茶会抜きで味わう”濃茶”の味。


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。