スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年末、おちついたひととき。
 さーて、懸案だった年賀状も書き終り、落ち着いて過ごす年末のひととき。今年はゆっくりお酒でも楽しみながら年を越す平和な年末年始。ありがたい。

獅子の里 純米大吟醸 愛山 今日のお酒は、おとなりの石川県加賀市、山中のお酒「獅子の里 純米大吟醸 播州愛山」。幻の酒米「愛山」使用。年末だし、ここはひとつ大吟醸ということで。最近入手した朱泥のような紫泥のような栗皮釉のような落ち着いた茶色の徳利に、お気に入りの信楽の盃で。

 この蔵のポリシーどおり、呑みやすい、食事に合いそうなやさしいきれいな印象のお酒。繊細だが、それだけに終わらないやさしい存在感を感じる。世評どおりこの蔵、年を追うごとに年々腕が上がってきているような気がする。このお酒は大吟醸ということもあるしお燗には正直不向きで、そういう意味では食中酒としては使いどころに迷うところもあるけれど、この蔵なら将来きっとお燗してもうまい大吟醸とか、そういう新しい境地を楽しませてくれるような気がする。

刈穂 山廃純米 超辛口「刈穂 山廃純米 超辛口」
 年末年始用に用意したもう1本のお酒。秋田県の蔵。先程の獅子の里と対照的な味の濃い純米酒。豊かな香りにコクのある味わい。こちらは燗でもひやでも文句なしに旨い。日本酒度+12(=超辛口の意)というスペック上の数字は全く気にしなくて良い。純米酒にもありがちな安っぽい辛さではない。4合1,310円のお手頃価格とは思えぬ収穫。純米酒としては上限付近の価格ではあるものの、下手な純米吟醸や大吟醸より品格がある。いい銘柄覚えました。


(参考)

 どちらのお酒も金沢市「酒のぬまた」さんにて購入。

 ところで、酒のぬまたさんで最近山口県の「獺祭」を見掛けない。取り扱いやめちゃったのかな…。
関連記事
                

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/191-b0707498

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

魯山人書論(中公文庫) | BLOG TOP | 千利休の国宝茶室「待庵」を見に行く。


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。