スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
越前かにめし(駅弁 JR福井駅)
越前かにめし越前かにめし(番匠本店) 1,100円

 わーい、ついに越前ガニ漁解禁ですねー♪

 なーんて、他の県の方と話すときに心にもない外向けの体裁を取り繕ってしまうことがたまにある。自戒を込めて、あえてこの時期にこれをとり上げる。

 オールシーズン購入可、駅だけでなく福井の主要なスーパーでも容易に入手可能な位の気軽さにも関わらず、並のズワイガニ料理ではおいそれと太刀打ちできないほどにカニの魅力を徹底的に凝縮した、恐るべき駅弁である。

 上に散らしたカニの身の多さもさることながら、下のご飯が傑作なのである。

 「ダシとして使える材料はすべてつぎ込みました」といわんばかりの、カニ味噌や玉子のエキス等もふんだんに含んだ複雑なカニのダシがこれでもかと染み込んだご飯。「カニ食べてる~!」という感覚がストレートに押し寄せる無上の喜び。喜びのボルテージ・瞬間風速でこれを超える食べ物はそう簡単には見当たらない、全く恐るべき駅弁である。その代わりカニの身の部分はベニズワイガニになるので、究極の本物指向とかおっしゃる方はその点認識しておく必要はあるだろう。結果が旨いのだから文句を挟む余地はないような気がするけれども。

 駅弁としてはちょっと高いので、食べたことがない人もいるだろう。是非一度試してみることをおすすめする。なお、並んで売られていることの多い、ちょっと高額な「焼かにめし」より写真の普通のバージョンのほうがおすすめである。


 さて。カニ信者というイメージが一部で流布している福井県民であっても、ネイティヴの京都人が案外一度も金閣寺に行ったことがないのと同様、「越前ガニ」と呼ばれているオスのズワイガニが年に一度以上のペースで食卓に登るような機会があるお家は恵まれた部類に入る、のではないか。せいぜい会社の忘年会で民宿に泊まって越前ガニを腹いっぱい食べたというのを一生に何度か経験する程度である。

 大体、ズワイガニは体の大きいオスよりも、大きさがせいぜい20cm台位のメスのズワイガニのほうが旨み成分が多く、食べ物好きに好まれるのは最早常識だろう。もちろん管理人もセイコガニの内子がズワイガニでは一番好きだ。

 メスのズワイガニは石川県で「香箱ガニ」と呼ばれて福井の人間はメスのズワイガニの旨さを知らんのかなどと思われているような気がしてならないが、そういう考えがあるとすれば、もちろん誤解である。メスのズワイガニ(福井では「セイコガニ」と呼ぶ)は、福井ではおそらく一般家庭等で大部分を自家消費してしまうのだろう、観光客向けにおおっぴらに宣伝しないだけである。

 この辺り、本当に良いものはナイショで楽しんでしまおうというような、やや内向きの福井県民の気質のようなものを感じる所で興味深い。福井と石川の県民性の違いが分かりやすい形で表に出ているように思うんだけれども。
関連記事
                

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/181-ce17b8f6

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

長距離砲をうってみる | BLOG TOP | 永平寺の精進料理。(福井県永平寺町)


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。