スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「初花肩衝」「新田肩衝」、利休「泪」の茶杓 -大徳川展(東京国立博物館)
 さて、漫画「へうげもの」で「天下の三肩衝」と紹介されている(実際に山上宗二記でも「天下三の名物なり」と評されている)、大名物の茶入「初花肩衝」「新田肩衝」「楢柴肩衝」。

 実はこのうち初花と新田の2つが東京・上野の東京国立博物館「大徳川展」で公開中とのこと(楢柴は火災により現在行方不明らしい)。同じく徳川家の宝物「千利休の茶杓"泪"」、「松花の茶壺」まで展示される、徳川家の宝物を一堂に会した一大展覧会らしい。

 展覧会の期間自体は長いけれども、展示品の入れ替えがあるので「初花肩衝」「新田肩衝」は11月4日まで、「泪」の茶杓は10月28日までの展示。今から準備しても間に合う人は間に合う…かも!?
(※なお、泪の茶杓は20年2月末にも名古屋の徳川美術館で公開されるみたい。)

※後日、実際に行ってきました。そのときの記事はこちら。
大徳川展で「初花」「新田」を見る。



 管理人もこれ知ったのつい数日前。もちろんまだ行っていない。けれども、こういう機会は恐らく本当に滅多にない機会なのではないか?何しろ「初花」は徳川本家、「新田」は水戸徳川家、泪の茶杓は尾張徳川家の所蔵品。一堂に会する機会なんて滅多にないだろう(実際に、展覧会のホームページには「史上初」とうたわれている)。
 東京行きは費用がかかるけれども、色々探せば予算を節約する手法だって出てこないこともない?その辺は努力と気合と工夫で。

関連記事
                

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/177-a3aadcef

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

大徳川展で「初花」「新田」を見る。 | BLOG TOP | へうげもの(週刊モーニング)


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。