スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふるさと 渓流 (和食) 福井県坂井市
ふるさと 渓流(福井県坂井市丸岡町) イワナの洗い「イワナの洗い」 800円

 あの北大路魯山人が、鮎の洗いをヒントに自分で思いついたと言っている「岩魚の洗い」(※出典は文末参照)。一度食べてみたいと思っていて、ここならあるかなーと思って行ってみたところ、案の定置いてあった(固定メニューではないが「季節のおすすめメニュー」としてホワイトボードに書いてあった)。案外近くで食べられるものだ。

 印象に残ったのは、きれいなサーモンピンクに染まった身の色。なるほど、調べてみるとイワナはサケ科の魚。サケと同じで、食べ物によって身が白色になったりピンク色になったりするものらしい。

 味は想像どおり、非常に淡い繊細な味。香気のようなものはあまり感じない。夏場の暑いときにふと口にしたくなるような感じ、歳を重ねるにつれて次第に愛好が深まるような味だ。方々で書かれていることだが、特に生臭い印象はない。海の魚を食べるのと全く変わりない。
 なお、刺身のツマ代わりについてくる、細くきざんだミョウガ。水にさらしたと思われるが、シャクシャクと良い食感が非常に新鮮。

ふるさと渓流 あまごそば「アマゴの天ぷらそば」 800円

 こちらはお店の看板メニュー。アマゴの天ぷらは頭とワタを取ってあり、骨もほとんど残っておらず、だれもががおいしく食べられる味。ほんのり桜色に染まった身の色が美しく、味は火を通したマスの味からさらにクセを取り除いて上品にした感じ。食感もホクホクとして、こういうのは掛け値なしに美味い。

 食べているうちに、衣の下からアマゴの繊細できれいな皮目が目に入った。まさしく渓流の恵み、宝石をいただいているような素敵な印象だ。

 ところで、さすがに川魚の生食は「当たったらどうしよう」なんて思いもしたりするものだが、リスクを知りながらもついひかれてしまう、そんな魅力があるのも確か。とりあえず管理人は無事にすんだみたい。よかったよかった。

注)分かってるとは思うけれども、普段食べない魚の生食は、自分で自分の体に責任が持てるようになってから自己責任でやりましょう。決して事情を知らぬ子供に無理やり食わせたりすることのないように。

レストラン渓流福井県坂井市丸岡町山竹田70-4


(冒頭※印部分について)
 魯山人の書いた「鮎の食い方」という文章に岩魚の洗いの記述がある。有名な文章らしく複数の書籍で見ることができる。書籍は「魯山人味道(中公文庫)」「魯山人の料理王国(文化出版局)」あたりを参照。
関連記事
                

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/172-84081d37

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

天春の「かき揚げ丼」。(福井市) | BLOG TOP | 福井名物「焼き鯖寿司」 ~メーカー三者三様の個性。


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。