スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界樹の迷宮(ニンテンドーDS)/アトラス
・「世界樹の迷宮」
[ニンテンドーDS/アトラス]


ニンテンドーDSといえば、最近「ゼルダの伝説」が出たばかり。管理人はゼルダも大ファンだけれど、ここしばらくはこちらのほうにじっくり取りかかっているところ。

 今風のキャラクターデザインで引く人も多いと思うが、ウィザードリィを中心にその他もろもろの中世ファンタジー風RPGの遺伝子を受け継いだ、一本筋の通った3Dダンジョン形RPG。電源入れた直後のオープニングの深みのあるBGMや漢字の多い難しげな文体からして、本格的な雰囲気が漂う。

 タッチペンを使って方眼紙にマップを自分で書く、という趣向が良い。こういうチマチマした作業の積み上げ、目標を達成したときの達成感を味わうのに非常に効いてくるのです。全滅で挫折感と徒労感を味わう、というのも久しぶりに味わった。じっくり腰を落ち着けてやってみるのもいいんじゃないかしら。


 システム的には、以前アトラスからPS2で出ていた「BUSIN(Wizardry altanative)」の続編と捉えられるもので、基本的にはウィザードリィの新作がまた出たーという感じ。ただ、今回は世界設定・キャラクターデザイン・BGMとも一新されていて、特にBGMにはかつての日本ファルコム(ソーサリアンとかイースとか、リアルタイムで知っているか?)を色濃く彷彿とさせる感じ。いつものアトラスと全く毛色が違う。

 これはどういう風の吹き回しか?と思っていたら、BGMの担当が何と古代祐三氏(イース/ソーサリアンのBGM作曲者)御本人と判明。最近でもゲームのBGMをいくつも作曲されているものの、ファルコム時代を髣髴とさせる曲なんてなかったはず。アトラス側で「ファルコム風にしてくれ」と指定したな。アトラスさんやりますねー。好みの曲がいくつかあったので、久しぶりにサウンドトラックまで買っちゃいましたよ。

 その気合の入りっぷりは、イベント遭遇時に必ず現れる「君は○○しても良いし、しなくても良い」というプレイヤーの自主性を促すメッセージなど隅々に行き届いている、管理人はクリアまで当分たどり着きそうにないが、別にクリアしても良いし、クリアしなくても良い。時間をかけてゆっくり楽しんでみることにする。 
関連記事
                

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/147-743c903e

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

草喰 なかひがし(日本料理) 京都市左京区 | BLOG TOP | 「神亀」 純米酒


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。