スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都の銘菓~夏柑糖(老松)
夏柑糖(老松) 夏みかんを繰り抜いて中に夏みかんの寒天を流し込んだ、何とも酔狂なお菓子。肝心の味はどうなのかというと、いやはや。すごく美味しいです!
 柑橘系のゼリー・寒天でこれを超えるものは全国でもそうないのではないか?という位。
 管理人はこのお菓子を食べるのは初めて。食べる前、中の寒天はすごく甘ったるいんじゃないかというイメージを持っていたのだけど、実際に食べてみてまず印象に残ったのは寒天のみずみずしさと夏蜜柑の自然で上品な甘さ。必要以上の酸味をうまく抑えて、夏みかんの良いところだけが抽出されている。甘ったるいとかしつこいとかいう要素はまったくない。さすがは京都の老舗のお菓子。京都の夏の風物詩になるだけのことはある。これならわざわざ中身を繰りぬいて詰めなおすだけの価値がある。

 ガイドブック等にも結構載っているのに、写真では意外とその真価が伝わらず、どうやら割を食っている。数ある京都のお菓子の中でも筆頭格のポテンシャルを持ったお菓子と感じました。1個1,260円とやや高いのは否めないけれど、管理人はお値段以上の幸せを感じましたよ。

夏柑糖を販売しているのは、上七軒(北野天満宮のそば)と嵐山にお店のある老松
※わざわざ上七軒まで行かなくても、実は四条の大丸の地下で販売されているので、お急ぎの方はそちらへ。
関連記事

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/136-8dd48261

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

松鮨(京都市) ~京都「ならでは」の鮨の魅力とは | BLOG TOP | 黒ごまと竹炭の柿の種チョコ(無印良品)


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。