スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鮨 志の助(金沢市)再訪。やっぱり凄い。
志の助(金沢市) 金沢市に移転した志の助さん。ブログ「風味のある…」さんの「行ってみた!」という記事を見て、いてもたってもいられなくなったので、行ってきましたよ~。

 今回は2回目の訪問(前回訪問時の記事はこちら)。前回はあまりの衝撃に最初から面食らって正直最後まで浮ついてしまったが、今回は落ち着いてお寿司を味わうことができた。
 お店が新しくなって、ご主人の包丁さばきが目の前で見られるようになったのがまずうれしい。最初に出てくるイカ、あんな風に切ってたのか…。目で見ると新しい感動があります。
 今回印象に残ったのはマグロ。「ヅケ」と「トロの炙り」を頂いたんですが、数分つけただけなのに印象的な風味が残るヅケ。トロはごく軽く炙っただけというのがミソ。どちらもマグロの風味の鮮烈さが生より引き立っていて、これぞ江戸前の仕事という感じ。…それにしてもやっぱ凄え。この店、本物です!

 お値段は通常では考えられないかも。昼でも1万円超です(今回は握り12貫、手巻き2本、鯛のあら汁+握り追加3貫で11,000円)。
 (2007/10/4追記):最近行ったら夜のおまかせでも握り9貫位+手巻きの構成になっていた。貫数が減った分、リーズナブルに楽しむことができるようになったのは大歓迎。まだお腹が減っていれば追加で頼めば良いのである。9月時点で夜におまかせを頼んだときは、9貫+手巻き+アラ(魚編に"荒"のアラ)のアラ汁+追加3貫で8,200円。なお、昼は2,800円で握りが楽しめるようになったようだ。

 お値段を聞いた時点で「あーこの店対象外ね」って外す人、多いんですよねー。ちょっと努力すれば行けるのに"行かない"って人、結構いるのでは?もったいない。行ってみればきっと分かります。飲みに行くと1回で数千円は使うのでしょう?このお店での体験、飲み2~3回分の価値は楽にあります。
 御主人もまだ若いし(30代前半位?)、思い切って飛び込んでみるのもいかがでしょう。お寿司がフランス料理のフルコースにも堂々と張り合える立派な"料理"だなんて、信じられないでしょう?

鮨 志の助
金沢市入江3丁目73番地
※日曜は休みです。営業時間変わってなければ、祝日も休み。
※お昼は12時頃から。夜は17時30分頃から。

shinosuke-5.jpg 移転祝いの湯呑み、私も頂きましたよー。
関連記事

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/115-a8cd7a93

コメント

早速行かれたんですねぇ!
値段の件は人それぞれ考え方あるけど、寿司の質から言えば法外な値段ではないですよねぇ!
あの住居兼のお店買われたみたいですから、かなり投資あったでしょうし、小松の頃みたいにランチ価格すると、金沢はミーハー多いから気安く占拠されたら私は悲しいので、今の値段でも構いません‥その代わりたまにしか行けませんが 苦笑
先日お師匠の小松弥助さんに行きましたが、あちらの値段は少し安す過ぎると思いました‥まぁ嬉しいんですが 笑い。
志の助さんお客の入りはどんな感じでしたか?

> tasty3 様
小松から来られたお客さんがいて、やっぱり小松でいい信頼関係築いてたんだなーと思います。金沢近辺らしきお客さんもどこからともなく入って来られます、表通り沿いでもなく、お店の目印ものれんだけ。通りがかりの客が入ることはほとんどないだろうに。やはり集まる所には集まってくるものだな、と。今のところ、満席でもなく丁度良い客の入り具合でした。

小松時代のブログも褒めていますが、移転後ですが、金沢の他の五指に入る寿司屋と比べては全然という感想です。味も主人も店構えも。仕事系も平坦な感じでしたが。

>そうかな(?)様
はじめまして。
例えば「太平寿し」のように、特定のタネによく合うようシャリに塩を利かせてみたり、味だけでなく見た目でも楽しませるような仕事があったり、店主とのトーク(やり取り)を楽しむのも鮨屋の醍醐味です。シチュエーションによっては店構えの良し悪しが大事という場合も当然あるでしょう。このあたりの要素が志の助にはほとんど見られないので、好みは分かれる所でしょう。
 管理人は志の助がこういった要素を意図的に削ぎ落としたものと捉えましたが、いまの世間一般の高級鮨店には、鮨屋通いをしない普通の消費者の立場で考えると、単に「無駄」といえなくもないお作法のような決まり事があるのも正直なところで、あくまで好みの問題ですが、管理人は志の助のある意味勇気ある経営姿勢にプラスの印象を持っています。江戸前のようなこってりとした仕事にこだわらず、むしろ江戸前の伝統を受けつつも、魚に加える手はかなり控え目に(一見)見える点に好感を覚えます。
 管理人は、鮨の仕事の良し悪しは包丁仕事などの手数の多さでは決まらないと思っています。最小限の手数で最大の効果を発揮するのが本物の仕事だと。店構えは殺風景ですが、この店の思想によく合っていると思います。
ところで、管理人は福井の人間ですし、個人で回った店の数にも当然限りがあります。ほかに「これは」というお店がありましたら、またコメントでも書き込みいただければと。

はじめまして。
今回、かなり久々に金沢へ旅行へ行くこととなり、お鮨を頂きたいのだけどなぁ。と色々と検索をしていてコチラに辿り着きました。
志の助さん。私は、平日のお昼にいただきました。
値段設定はわかりませんが、お任せは握り10貫巻もの1本、鯛のあら汁。で構成されているようでした。で、握りを2巻、巻もの2本を追加して、お酒は頂かず一人9200円でした。
もちろん金額だけを見てお昼の9200円を安いとは言えませんが、それでも、満足度から比べれば安かった。と幸せな気分で大阪に帰ってくることができました。
大将も女将さんもとてもステキで、金沢に行く際には、必ず再訪したいと思いました。
素晴らしいお店をご紹介?いただきありがとうございました。

>ponta 様
 はじめまして。ブログの記事拝見しました。良かったですね~。大阪の方ですか。美味しい+リーズナブルなお店がたくさんあるんでしょうね。いいなあ。

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

ジョイ・オブ・ペインティング/NHK BS「ボブの絵画教室」のDVD。懐かしい。 | BLOG TOP | ホワイトシチュー牛丼(すき家)


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。