スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初味寿司 本店(福井市) ~福井の魚市場は、実は結構面白いらしい。
初味寿司 本店(福井県福井市) 築地直送の大トロ 素敵なお寿司屋さんを福井で見つけた!高いメニューでも安いメニューでも全力投球でその日の美味しい魚を提供してくれる、うれしいお店。

 看板になってるのは、築地直送のミナミマグロの大トロとか、お寿司以外だと季節限定のモクズガ二(九頭龍ガニ)料理とか。だけど、それ以外のお魚にも相当こだわってるのが素人目にもわかる。白身とかは種類を固定せず、その日の質の良い魚を選んで置いているみたい。こぶ締めにした若狭の甘鯛(若狭ぐじ)がコンスタントに食べられるのも良い。
 また、あまり宣伝されてないけれど、かんぴょうは自家製。注文しないと通常は出てこないけれど、手間のかかる地味な仕事、ちゃんと成果が出ています。ナチュラルなかんぴょう巻、頼んでみる価値あり。

 お店の方は、ベテランの御主人を筆頭にすごく気さくな方ばかりで、揃いもそろって相当な魚好き。この人たち、1日中お魚のことばかり考えててもぜんぜん飽きないんだろうなーという感じ。
 「同じ種類の魚でも、一番良いランクからそうでない格付けのものまで色々。値段の安さを重視して素材の味とか質に頓着していないようなものが出回るご時世だし、せめてこういう所では良いものをお出しして、本当の魚の味を知ってもらえれば」というのがご主人の談。今の時代にあって、そういう考え方をしてくれる人はうれしい。その言葉はうわべだけのことではなくて、特上を頼んだときに「この脂が乗りまくった見慣れない魚は何?」と思って聞いてみたらサワラだったり(もちろん美味でした)、とか。ヒラメの縁側を親切におすすめしてもらったのは、このお店が初めて。全てが全てこうではないのだけれど、ちょっとしたサプライズがさりげなく潜んでいる。

 こういう感覚は安価なメニューでも徹底していて、握りの「盛り合わせ(いわゆる「並」)」にお料理を加えたコース(葵コース)を頼んで「なーんか今日は見慣れない白身が入ってるなあ」とか思って食べてみると、馬鹿にできない旨み。これは何かと聞いたところ、「カレイの縁側です。マツカワガレイ(松皮鰈)」と。帰ってからネットで調べてみたら"幻の魚"…。そんなの握り(並)で出しちゃってもいいのかしら。

 お店の人曰く、福井の市場(福井中央卸売市場)は結構頑張っているらしい。1級品のお魚はたしかに金沢に流れてしまうのだけど、変わり種の魚は結構福井に残るらしい。それに、越前港から魚が入ってくる時間の関係か、少し遅い時間に「二番ぜり」というのがあって、そういうのは他の魚市場ではあまりみられず、面白いらしい。見慣れないネタがあったらお店のひとに色々聞いてみよう!手が空いていれば、懇切丁寧に語ってくれたりするかも?

 ちなみにお寿司だけでなく他のお料理もたいしたもの。ノドグロの塩焼きとかも扱っている。お料理数品と握りをセットで楽しめる「葵コース(3,150円)」は、値段の割に満足感があって「今日は美味しいものを食べたー!」という気になる。ダダミとじゅんさいのお吸い物、素敵な組み合わせです。揚げたえびいもとギンナンの煮物にオクラのあんかけがかかった一皿は、やわらかーいねっとりとした食感。随分煮込むのだろうなー。でも、築地の大トロは握りの特上(3,150円)を頼まないと付いてこない。迷うところだ。個別に頼むといかほどになるのかしら。

初味寿司 本店(福井市)初味寿司 本店
福井県福井市みのり2-3-12
12:00-AM0:00(LO)
定休:日曜

※土曜など、のれんがかかっているのに看板の明かりがついてないときがあるが、その時お店は「貸し切り」。夜半、頃合いになれば通常営業に戻ることも。
※大宮、呉服町に支店があるけれども、それぞれのお店は全く異なる感じ。メニュー構成も異なる。大宮店は庶民の味方、呉服町店は片町を訪れるサラリーマンの憩いの場といった感じ。
関連記事

トラックバック ※ブログ管理人から承認されるまでトラックバックは反映されません

http://suralin.blog48.fc2.com/tb.php/106-7c9a5a3e

コメント

コメントの投稿

管理者にのみコメントを公開する

J・S・バッハ「パッサカリアとフーガ ハ短調」BWV582 | BLOG TOP | ピリオド楽器による、ホルスト「惑星」。


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。