スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金田家 福井本店(ラーメン)
金田家(福井)黒豚とんこつラーメン 聞いた事ことないお店だと思っていたら、ちゃんと福岡県(福岡市内でないが)でお店をやっているラーメン屋さんみたい。

 味の傾向は、大雑把に言うと金沢の一風堂の支店のような感じ(スープの上にカプチーノみたいな泡が乗ってる以外は)。豚骨ラーメン特有の風味をできるだけ維持しながら、豚骨の獣臭さや必要以上のクセは出さない。一般受けぎりぎりを狙ったような味のチューニング。
 麺の太さも金沢の一風堂位かな。極細の範疇には入るけれど、例えば金沢のなんでんかんでんよりは若干太いので、いきがって"粉おとし"を頼むとややキツめかな、という感じ。何だかんだ一風堂を意識した構成?

 お店が全く臭くないです。マンガ「めしばな刑事タチバナ」9巻で言うところの"ワイルドエア"(笑)が全くない。
 豚骨ラーメンは食べたいが、家族は豚骨のあの臭いが苦手、なんて向きには丁度良いんじゃないかしら。福井にはこういうバランスの良い豚骨ラーメン店が少ないのでこういうお店は有難い。

›› 続きを読む
スポンサーサイト
ひそやかな楽しみ。
 だあれもいない夜。
 "焼肉はやっぱり鉄板じゃなきゃ"とばかりに、
 「100スキ」とバーナーで一人焼肉。
 100スキだって立派な鋳鉄製フライパンですぜ。

「もふ もふ
 もふ もふっ。」


 "やっぱり国産牛は甘みが違う"
 "アメリカの牛はほんのり草の香り。これはこれで面白いが、やっぱり焼肉とは違うなあ"
 などと一人ごちてみたり。

 そして翌日、部屋の焼肉臭さに家族からどやされる…っと。


※鉄板とはいっても、100スキの輻射熱程度ではボンベが過熱状態になるような心配はなさそう。焼いてる最中でも冷たいまんまだったよ。

文殊山のカタクリ、今が見ごろ。 -福井の山に登る・3-
文殊山(福井):カタクリの群生
 文殊山のカタクリ。
 噂には聞いていたがこんなに素晴らしい光景とは。
 天候があまり良くなかったし、夕方近くだったので花は閉じ気味だけど、十分堪能しましたよ。

カタクリの散歩道(文殊山・福井)
 地面を覆いつくすように群生するカタクリ。
 頂上手前の展望台から頂上にかけて、ずうっとこんな調子でカタクリの散歩道が続く。

文殊山(福井県)
 福井の方なら、名前はさすがにご存知の文殊山。

 国道8号線を坂井市方面から福井市方面にかけて南下すると堂々と真正面に見えてくる、特徴のあるM字型のあの山ですぜ。

›› 続きを読む
福井の山にも、春の息吹。
ニリンソウ(福井県内) ぽかぽか陽気に誘われて、山にも春の兆し。
 ニリンソウがきれいに咲いていた。
 福井の山にも春がやってきた。
キクザキイチゲ(福井県内) キクザキイチゲ。
 白い花に混じって、薄青の花も咲いていた。
 繊細で、儚い青色。
 うんうん、春だねえ…

| BLOG TOP |


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。