スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白山高山植物園・花の白峰オープンガーデン ~ニッコウキスゲに車で会いに行ける、石川‐福井県境の研究施設の一般公開。
 今年初めて行ってみたけれど、想像以上に良かったよ!
白山高山植物園(石川県白山市白峰)
 広い敷地一面に黄色い花を咲かせるニッコウキスゲ。
 ピンクがかった紫が鮮やかなハクサンフウロ。
 お花の咲き方も割と自然な感じで、本当に高山のお花畑にいるんじゃないか、と勘違いしそうな位。

 高山植物が織り成すこういう風景は、1,500m、2,000mといった山を一生懸命登った後の大自然のごほうび。こんなに手軽に楽しんじゃっていいのかしら…

 駐車場から高山植物園までは、10分から15分位ではあるが、階段の続く山道を登ることになる。運動靴などそれなり足回りの準備は必要。
 とはいえ、写真からも分かるように公園のように整備された道。この程度の労力でニッコウキスゲの群落が楽しめてしまうというのは素敵というか何というか。
 そもそも、ここは「西山高山植物順化試験地」という、山の斜面に設けられた研究施設。2008年から、花の盛りの6月・7月の週末のみ一般客への公開が始まった、比較的新しいスポット。つまり、まだまだ結構穴場なのだ。

 石川県(白峰)の施設だけれど、県境すぐのところなので、福井方面からも、勝山市の市街地から30分足らずで行ける場所だったりする。にも関わらず、福井県のほうにはほとんどアナウンスされていない?福井ではまだ知らない人が多いんじゃないかしら。

 気軽に行ける割に、高山に登った気分は満点。山に登った気になる。いいですよ、ここは。
 入場料も無料。(時には大事なこともある。)

 子連れのお客も複数見かけた。確かに、「子どもと一緒に山に登りたいけれど、まだ子どもがちっちゃいから…」と諦めている人には最適なんじゃないかと。
 ただし、山の真っただ中の植物園。虫除けスプレー等の虫対策は忘れずに。(受付でも虫除けスプレーは準備されていたけれど。)

 オープンガーデンは始まったばかり。花の盛りはもう1~2週間後見たい。今日はまだ咲いてなかったけれど、ニッコウキスゲに加えてシモツケソウもこれから咲いてくるみたい。しばらくしたらもう1回行こうかしら。

オープンガーデンの日程などはこちら(白山高山植物研究会「お知らせ」)
 ※公開期間は7月上旬まで(期間短し)。2012年は土・日に加え、月曜・金曜も一部見られるようになったみたい。

›› 続きを読む
スポンサーサイト
なか卯の唐あげがウマい。
なか卯のから揚げ 昔、給食に出てきた竜田揚げのような、分厚いサックサクの衣。これですよ。求めていたものがようやく手に入った感じ。

 しかも、10個で300円という価格。値段から想像できるとおり、肉質は専門のから揚げ店ほどのこだわりは無いにしても、これだよこれ。これなんだよ。

 …こんなメニュー、なか卯に昔からありましたっけ?

足羽山から眺める白山。
 福井市の市街地の真っただ中。
 ここは、足羽山の福井市自然史博物館の屋上。

 遮るものなく、すがすがしいパノラマで白山を楽しめる穴場。結構有名?


 写真は4月中旬、桜の季節に撮ったもの。
 黒々とした山々の中、写真中央の白山だけは真っ白な姿でそびえ立つ。
 その神秘的な存在感。

| BLOG TOP |


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。