スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの曾我蕭白「雲龍図」(ボストン美術館蔵)が、今東京に来てるんだよね。
 室町時代の奇才、曾我蕭白の代表作と言ったら、この「雲龍図」という人は多いだろう。実物を見ずとも、この絵の尋常でないパワー、普通なら誰も気にしないような部分にやたら力が入っているおかしな趣味、およそ変態でなければなしえない天才的な構図の絶妙さは誰の目にも明らか。水墨画のくせに、しかも襖絵のくせに、とても室町時代に書かれたとは思われない作品。若冲以上に時代の先取り感を感じる。

 この作品、実は現在ボストン美術館の所蔵。普段は日本ではみられない。ぜひ一度実物を見てみたいと思って常々残念に思っていたけれども、こうやって実際に見る機会ができたのは有難い。
 しかも、東京の展覧会のウェブサイトを見ていたら、東京が終わった後、6月23日から名古屋にも巡回してくれるというではないか。管理人は名古屋で見せてもらうつもり。楽しみ楽しみ。

 ※曾我蕭白の「雲龍図」をご存知ない方は、東京国立博物館のその展覧会のウェブサイト「特別展 ボストン美術館 日本美術の至宝」を参照。
 そもそも「奇想の系譜(辻 惟雄著)」という題名からしてそういう本の文庫版の表紙になっている位の絵なので、そういう向きにはおそらく非常に有名な作品。
スポンサーサイト

| BLOG TOP |


QRコード
 このブログのQRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。